新着Pick
418Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
創業者CEOと信頼関係がなくなったら組めないと思います。

半年前(2018/12)の「松本氏、代表権返上」記事へのコメントのコピペ:
---
https://newspicks.com/news/3560917?ref=user_175844

松本氏の着任後に、時価総額はピーク時の7000億円に対して足元で1000億円に下がってしまったし、当社の事業と財務は(おそらく松本氏が聞いていなかった)想定外のネガティブなニュースばかり出てくる状況です。

この状況下、雇われの経営者において、①経済的なアップサイドは(ほとんど)なく、②名誉もなく、③CEO = 創業者 = 大株主と良い信頼関係が醸成されるとは思えません。むしろ不信感。

私なら、「聞いてねーよ」で、CEO = 創業者 = 大株主と距離をとります
松本晃さんがライザップの取締役退任し、6月以降、特別顧問に就きアドバイザリー業務を続ける、とのこと。
松本さんは、以前、復活へのシナリオは書いた、と仰っていました。あとは、そのシナリオを実行できるかですね。瀬戸健さん、頑張ってください。#ライザップ #松本晃 #瀬戸健
一体、何を問題にしているのかが分からない。

当社の取締役会や業務執行者の選任や構成の妥当性か?
松本さんの、個人的評価の問題か?

つまり、松本さんだから問題なのか?
支配株主の地位上のフィデュシャリー義務の問題か?

乱暴にいえば、上場が時期尚早だっただけであり、それを認めた市場がしっぺ返しを受けているということだ。
<追記>リリース16時30分に出た。
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2928/tdnet/1694672/00.pdf

あと次期取締役会議長の中井戸氏は住商→SCSKのトップを務められた方。以前カンブリア宮殿に出られていたが、強烈な働き方改革を進められた方。松本氏も伊藤忠出身で、どちらも商社のなかでも変わったタイプの方と自認されている方という印象。松本氏の退任は残念な一方で、中井戸氏がどういう手腕を発揮されるかは注目。
https://president.jp/articles/-/22245
<追記終>

まだ会社リリースではない報道だが、松本氏、やはり退任か…

文脈を振り返ると、昨年6月に買収企業のターンアラウンドを一緒にやりながら、そして瀬戸社長が教えてもらいながらフルコミットしてもらうためのポジションがCOOだった。
ただ、昨年11月にCOOを外れ(③)、12月に代表権返上(④)。特に代表権返上のときの会見では、『来年6月までは残る。それ以降は白紙。継続か、顧問に戻るのか、完全に去るのかは瀬戸さんが決めること』とあった。また、『(RIZAP以外に)いろいろ役職を抱え、もともとフルコミットはできなかった。そもそも役職にこだわりがなく、顧問になる予定だった。』という言及もあり、元の記事とのバランスなどで色々うーんと感じる点はあったが…
ちょうど今朝、RIZAPの足元についての記事もあった(⑤)。将来の不透明感や経営リスクが増したと判断する人が多い退任だと思う。

https://newspicks.com/news/3068347
https://newspicks.com/news/3106394
https://newspicks.com/news/3457882
https://newspicks.com/news/3560917
https://newspicks.com/news/3846957
ライザップだけに、結果にコミットしてダイエットに成功した(不採算事業を整理してグループ全体の黒字化に道筋をつけた)から退会した、といったところではないでしょうか。

松本さんにはまた次の活躍の場があるでしょうから楽しみですし、瀬戸さんにもエールを送りたいです。
ガバナンスがまだ未熟な事実上のベンチャー企業に外部から招聘されて、たった1年で具体的な実績が出せるとは思えません。
ですから、記事の文言通り、”不採算事業の整理”の目処が立った程度だと思います。

1年前、松本氏は不採算事業の整理の目処を付ける為に招聘された訳ではないはず。
つまりは、結局のところ、松本氏にしてみれば、”話しが違う”ということだったのだろうと思います。

全てを飲み込んで、定時株主総会で区切りをつけるのは、大人の対応だと感じますが、何故アドバイザーで残るのでしょうか?松本氏の次の仕事が決まるまでの暫定ポストに写ります。
こういうところは、やはり日本的というべきか…
個人的には、本来なら在任1年でも退職慰労金を株主総会の決議を可決させて、堂々と支払うべきかと思います。
ライザップの重要な問題は松本氏が正式に就任する直前に行った2018年6月の公募増資とその後の減損等の業績低迷&株価下落だと思います。
 そもそも松本氏がライザップに声がかかったときに、最低限同社の開示資料に目を通しPLとCFの関係についてはしっかり認識があったのだと思いますが、増資に合わせて同氏の取締役就任が発表されているため、これを好感して増資に応じた株主がいるはずで、この経緯をしっかり説明しなければ納得しないと思います。もちろんこれは松本氏だけではなく同社経営陣全体の問題ですが。
 ただ、何れにせよ、CF軽視、コアコンピーテンス軽視のM&A膨張戦略に歯止めをかける役割は松本氏のライザップでの功績に紛れもなくカウントできるとおもいます。
現在のRIZAPグループは果たして、松本氏が言うような「構造改革に一定のめどがついた」といえる状況なのだろうか。RIZAPに対する見方がさらに厳しくなりそうな気がする
RIZAPからリリースが出ました。
報道の通り、松本さんは取締役を外れ特別顧問に。リリース内部の松本さんのコメント
ーー
「RIZAP グループの構造改革において緊急的に実行すべきものは目途が立ち、短い期間でしたが一定の役割を果たすことが出来ました。RIZAP グループには将来が期待できる事業がいくつか存在し、必要な施策を着実に実行することで今期は黒字化、来期はV字回復ができると期待しています。私
個人としては、今後は広く社会に貢献できる新しいテーマにも挑戦していく予定ですが、RIZAP グループおよび瀬戸社長にはアドバイザーとして引き続きサポートしていきます。」

下記参照
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190424410069.pdf
構造改革に一定のめど、とあるが当社の再建はまだ道半ばだろう。創業経営者との関係性にヒビが入ってしまったのだろうか。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,635 億円

業績