新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
基本方針は5 eyes (米、英、加、豪、ニュージーランド)で協調するのでは。

また、ソースコード公開=サイバーセキュリティ確保ではない。さらに、英国のサイバーセキュリティ機関の運営にファーウェイが関与しているのも、利害関係がどう整理されているのか、気になるところ。
英国が「参入許可」に舵を切ったのは、ファーウェイがすべての
「ソースコード(プログラムの設計図)」の公開に応じたからです。

<英サイバーセキュリティーセンター(NCSC)トップのキアラン・マーチン氏は2月20日、「ファーウェイ製品を使用するリスクは制御可能であり、不正行為を示す証拠はこれまでのところない」と指摘。この発言を契機にEUは5Gをめぐるファーウェイ排除の見送りに大きく傾いた。EUは3月26日新たな勧告を発表、各国が5Gを巡る安全保障上のリスク管理を強化する一方、特定の通信機器ベンダーを排除しないことを表明。
その背景について、ファーウェイの関係者は語る。
「実は英国にソースコード(プログラムの設計図)をすべて公開しました。サイバーセキュリティーのトップが『我々はコントロールできる』と述べたのは、公開したソースコードを徹底的に解析した結果だと思います。同じソースコードはドイツ、ベルギーにも開示しました。我々のセキュリティーはとても厳しく、30年間一度もトラブルはありませんでした」>

もちろん、ファーウェイ側の主張=「ソースコード全公開」を鵜呑みにできませんが……

FACTA最新号(4月20日発売)より
☆企業探究「ファーウェイ」
米国が目の敵にする 「中華の為」(華為)は桁外れの先進企業。5G普及のカギを握る研究開発部隊が陣取る深圳を訪ねた。
https://facta.co.jp/article/201905027.html
品質・コストに加えて、EU離脱の英国が中国との距離を保つことは不思議ではないので、特に驚きはないのですが、では採用が可能となるネットワークの非中核部分とはどう定義するのか、どの程度のビジネス規模なのか大変気になります。
 同盟国である米国の反応も大いに気になりますね。
23日付の英デーリー・テレグラフ紙の報道とのこと。
「イギリスがファーウェイ排除に反旗。経済ブロック化懸念——日本は米追随でいいのか」 (Business Insider Japan、2月25日)
https://newspicks.com/news/3699358
ブレグジット後は米国との同盟を強める方向に動くと思っていたので意外。本件の真相と他国への波及を知りたい。