新着Pick
498Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この法案は、一見すると最終販売者つまりブランドや小売業、販売サイトに負担がかかるように思えるが、じつはその負担は最終販売者ではなく、出入り業者や製造業者へと転化される可能性が高い。

売れ残りを出さないために、店舗や販売サイトは納品数を抑えて業者に保管させたり、売れ残りを納品させずに業者に代わりに廃棄させる、また製造数を細かく刻むことで起きる製造効率ダウンによるコストアップは業者負担など、必ず裏側で起きることが容易に想像できる。

社会全体で問題を捉える必要があるのではないだろうか。
これが施行されたらファッション業界のビジネス構造がガラッと変わるんじゃないでしょうか!!素材がどの程度まで対象になるかも関係あるかと思いますが、繊維業界も大きな影響受けますね。
【捨てられる服防止へのアイディア不足】

ファストファッションの台頭などもあり、毎秒トラック1杯分の服が捨てられていると言われいます。私は英国のエコ重視のオンデマンドプリントMooで名刺を作っていますが、ついに古紙ではなく「リサイクルコットン」の名刺を選択できるようになり、紙より服の方が問題が大きいことが伺えます。

ファッション業界でもこの問題意識に取り組む人たちがいます。

オランダのThe Post-Couture Collectiveでは、服ではなく、デザイナーの服のパターンデータを販売し、着る人が自分でレーザーカッターで裁断して組み立てることで、無駄な服の製造を防ぐアイディアを実現しています。気に入った服は何着でも作れるし、素材違いの服を作ったり、サイズを変えたりもでき、シーズンごとに変わってしまう服の楽しみ方を変えています。

またファストファッションのCarlingsが取り組むDigital Clothing Collectionは存在しない服を販売することで、自らのビジネスモデルに対するアンチテーゼを唱えます。ユーザーが服を購入して自分の写真を送ると、その服を着た自分の写真が送り返されてくる仕組み。インスタ映えだけのために1度しかきない冒険しちゃった服を買うなら、実物を作らなくていいでしょ、というわけです。

どれも面白い取り組みですが、捨てられる服の問題を防ぐには至りません。ビジネスモデル、エコ意識含め、まだまだアイディアが必要と言えます。
「セールをしない多くのラグジュアリーブランドは、ブランド価値を毀損しないため、売れ残り商品を処分している」

価値を毀損しない、あるいは価値を高める方法が変わっていくかもしれませんね。
おむつや玩具。賞味期限がなくシーズントレンドに左右されづらそうな商品が廃棄扱いされている絵は確かにショックです。

禁止になることで、シェアリングへの転用など有効な策に知恵を絞りまくってほしい!注目。
先進国の若い人たちは、上の世代よりもハイブランドであるかどうかを重視せず、環境に配慮する企業を好むといわれます。企業戦略としても、循環経済への移行は必須だと思います。
日本はシェアリングエコノミーを掲げているが、欧州は似た文脈でサーキュラーエコノミーを掲げている。シェアエコの国際規格の交渉では、フランスをはじめとする欧州からサーキュラーエコノミーの規格とかぶっているとのコメントが出ていると聞く。似たようで違う、違うようで似ているこの2つのコンセプトだが、廃棄ロス禁止という政策に持っていくのであればサーキュラーエコノミーのコンセプトの方に分がある。
アジェンダ立てや概念というのは思った以上に重要。
衣料品そのもののご寄付のお話をいただくことはありますが、こちらのニーズと、提供されたい衣類のマッチングがとても難しいです。

就職活動にスーツ着用をしたいが、経済的に購入するのが厳しい(生活費を削ることになるなど)若者に対して、企業と協働してレンタルをしています。

スーツ着用が必要なのかという本質的なものとは別に、スーツを必要とする若者のニーズは、スーツや周辺グッズが比較的明確なのでマッチングしやすいです。

一方、衣類で考えると、個々人が必要だと考える衣類のニーズは多様で、それをマッチさせるには、倉庫や輸送コストなどもかかってくるため、この費用を誰が負担するのかという壁にあたります。

その意味で、廃棄する衣類の総量を減らすモデルが先で、それでも一定程度出てしまうものを社会的な取り組みに活かしていく順番がよいのではないかと思います。
フランスで売れ残り品の廃棄禁止か。。。

こういうところはフランスすごいなって思う一方、こういうことに民間企業が振り回される国なんだよなというのは思いっきり実感しています。ある意味ポピュリズムというか。

そしてこういうところが国民性を作り、国民性がこういう法律を作るというサイクルが回り続けて今のフランスがあって将来のフランスという国ができていくんだよな、って意味ないことをつぶやいてしまう。。。
食では再販以外に家畜の飼料や肥料に転用が可能なのですが、アパレルでもどのような選択肢が用意されるか気になる部分です。