新着Pick
457Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カウンセリングを無料で提供できるのは、そもそも高単価、高付加価値商品にのみ可能である。
マンション購入とか、結婚相談所とか、保険加入とか高単価化粧品とか(スキンケア商品で5万するクリームなど)。
旅行は、かつては贅沢品・高単価商品だったが、長い価格競争の時代の末、今は利益率のかなり低い商品であるので、カウンセリングを有人で、リアル店舗カウンターでやっていたら、まったく「見合わない」。

そして、カウンセリングが価値があるのは、一般消費者に知見や知識が無いもの、あるいは、知見や知識が貯まりにくいもの(頻度が低いもの)が、価値が出る。


保険や高級スキンケアなどは、一般消費者は持っていない知識(金融や肌のバイオリズム、化学など)をカウンセラーが持っているので価値がある。

マンション購入や結婚相談は、人生で1度きりの人が多いので、一般消費者が知見を持っていないので、カウンセラーは価値がある。

では、旅行はどうか?

・購入頻度が高いので、個人にも知見が貯まりやすい。(国内宿泊旅行なら、日本人は年に平均2回ぐらい行っている。海外旅行も行く人はそこそこ、数年に1度はいく)
・インターネットやCGMメディア(TripAdvisorなど口コミサイト)の隆盛で専門的情報が手に入りやすい

ということで、カウンセリングの価値が実は高くない。

有料カウンセリングを必要とするのは、定年退職して初めて海外旅行にいく日本人シニア夫婦ぐらいではないだろうか…。
インターネットができてからというのも、旅行代理店の窓口でパッケージ旅行商品を買わずとも、自分の趣味嗜好に合わせて選択し、組み合わせができる時代になりました。
とはいえ、旅行を構成する5大要素である移動、食事、遊び、宿泊、土産(名産)の組み合わせは難易度が高く、まだまだテクノロジーで解決できていません。
試験導入など言わずに、振り切ってアイデアや知見を有料化してビジネスにしていくのは非常に良いのでは?と思います!
有料サービスに反対ではありませんが、海外旅行か国内旅行かと相談時間だけで料金を決めず、窓口担当者のレベルや旅行先、相談内容等で相談料金が違っても良いと思います。病院や治療院等で初診の時に書くアンケートのようなものを事前に用意するなどの工夫も必要ですね。
無料だと大変そうだなぁという印象は持っていました(正確にはきちんと徴収することにした、ですが)。これはこれとして、Airbnbの「体験」機能を使うと、普通の旅行代理店が用意していないような、現地体験や見所に行くことができます。食事も1人旅だと選択肢が少ないですが、「体験」のフードツアーや、他の体験についてくるランチなどに参加すると、主催者と他の参加者と一緒に人数が必要な食事を楽しめる。

上海の旧ユダヤ人地区訪問の「体験」は、上海交通大学の学生と、ユダヤ系アメリカ人と一緒にまわり印象深かった。日本が関係していたことも、教科書では触れられない歴史。

日本語対応はほとんどありませんが、英語ならば各国で結構な数の「体験」が用意されています。

Airbnbでは、あまり宿はとらないけど、「体験」は楽しい。
旅行代理店に行くと長時間待たされる。理由は窓口で旅行相談される方が多いから。それで契約になれば店側としても良いのだろうが、そういう例が少ない。そのため有料化という流れでは。現状、窓口が単純に契約業務だけではなく、コンシェルジュも兼ねていて、後者の方がボリュームが大きくなっているんでしょうね。高級なインターフェースには、お金が支払われて当然のように思います。
今お休みをいただいて海外旅行に来ているのですが、今回はCtrip社の完全オンラインプライベートプランサービスを使いました。

回し者ではないので簡単な概要だけいうと、プランナーがCtripに登録されている各種サービスを組み合わせて自由に旅をデザインするというもの。(本当はそれ以外の旅行会社も使って欲しいが趣旨ではないのでまたどこかで解説します)

旅行中もプランナーと現地カスタマーサポートと自分ででwe chatグループがあり、一応24時間体制で何かあったら聞ける。
当然全部中国語。

技術的には何ら難しいことはしていないが、すでに時代はこうなっている。
窓口はそれを必要とする人のある意味で贅沢なサービスなのだと思います。
そういう意味では、付加価値に正面から価格をつけるのは妥当だと思います。
旅行相談有料もさることながら、新幹線のチケットとかも、窓口販売の場合は、発券機販売の金額に上乗せしたほうがいいと個人的には思います。
無形のサービスに金を払わないという日本の悪弊が、人手不足のおかげで徐々に是正されるのは、無形のサービスを提供している私などにとってもありがたいことです。知識とスキルには大変なコストがかかっているのです。
ショールーミングではないですが、店頭で相談してネットで最安を予約、みたいな行動もありそうななかで、相談でどこまで金がとれるかは注目ですね。とはいえ契約に至らなかった時にもとるのはそれこそハードルが高いと思うので、当たり前にサービスでやっていた旅程表作りをオプション化する、くらいの変化にしかならないのかもですね
長らく旅行は、成約までは無料、お申込みをしたらそこに相談料がのっているんだな、くらいに思っていましたが、ネットでいくらでも予約できる時代、相談だけして顧客にならない人も多いのでしょうね。
しかも、旅行代金って、単価がそーんなに高いわけではないし。
正当なサービス料や人件費は、徴収していいと思います。

ちょうど来月から世界一周に行くのに、(記事のJTBじゃないですが)HISに相談中ですが、そこでは一緒にルート組むのにいくら、空き状況確認にいくら、発券にいくら、とそれぞれ金額が決まっていて、その感覚に慣れていなくて最初は驚きましたが、相談にのってもらっているんだし!と快くお支払いします。

ただ、いまだに無料のところもたくさんあると思うので、お金払いたくない人はそっちに流れてしまうかも。
時間単価などで相談料を決めておいて、「成約したらその分は無料!」もしたら、成約率上がるかも?
いや、逆に相談が怖くなる?!

そして、これは旅行業じゃない他の業界でも同じようなことが言えそうで、先行き注目しています。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.76 兆円

業績

株式会社JTB(英語: JTB Corporation)は、日本の旅行会社で、JTBグループを統括する事業持株会社である。本社は東京都品川区にある。 ウィキペディア