新着Pick
777Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今、ネスレの役員会議でスイス本社に来ているが(毎年GWはスイスです)、こちらに来ていても日本やヨーロッパの先進国の将来を不安視する声が多い。少なくとも、戦後の日本の歴史の中では、平成の30年間は日本が最も新興国モデルを捨てきれず失速した最悪の30年間であったことを認めるべきだ。
令和という新しい時代を前に、経済界も日本的経営と言われた三種の神器である、終身雇用、年功序列型賃金、企業別組合を排除しつつ、画一的でない自由な経営モデルを発展させるべきでしょう。政府は、そのために労働法を簡素化し、政官民のトライアングルも弱体化させ新しい産業への労働力シフトを加速させないて益々日本経済は弱体化していくでしょう。
労働組合も、労使と敵対するより友好的に企業業績を上げながら従業員の賃金を上げ、尚且つ老後の経済的不安を軽減するような組合年金なるイノベーションを生み出さない限り20世紀の遺物になるでしょう。
政府へ、少ない若い世代人口のために投資する決断が出来るよう、選挙制度を改める必要に迫られています。国民皆保険は、一見平等で素晴らしいものですが、世界の先進国でこれだけ無秩序に医療を格安で担保している先進国はありません。
ちょっと具合が悪いと病院やクリニックに行くのは日本だけ。他の先進国は、医療費が高いから先に薬局で栄養剤や市販の薬で治療します。それでも良くならなければ、病院やクリニックはその後です。このまま、人生100年時代になっても、経済的に余裕の無い人生は健康であっても幸せではありません。
少子化は、如何なる先進国も成功していないことを考えると、少子化対策よりも、選択制移民制度の検討や住み易い高齢社会の構築に検討と実施が求められます。
戦後の成功体験に基づいて我々日本国民は自民党政権を永らく支持してきましたが、令和は新しい高齢化した先進国モデル造りに立ち向かう新しい政権が求められるでしょう。もし、それが出来なかった時、IMF(世界通貨基金)は2050年の国別GDPで日本を18位にランキング予想していますが、20位圏内から去る可能性もあるでしょう。因みに、このランキングでは、トップ3が中国、インド、アメリカ合衆国。因みに昨年の18位にサウジアラビア。スイスが20位で台湾が21位。日本にとって、令和はまさに変革の時代です。
元号を変えることによって、時代を変える。日本の歴史では、改元によって人の気持ちを変え、時代を変えていました。新年を迎える時の気持ちの切り替えに近いものがあります。

一旦平成の衣を脱ぎ捨てて、令和に着替えるのも一興。令和を楽しみたいものです。
昔のビジネス本や大前研一さんとかメジャーな経営思想の方の本を読んでると、昭和から平成に変わる時も、今と似たような新しい問題提起
社会予測や平成の働き方のモデルも提案されてはいますが、結局形にはなっていません。

しかし令和が異なるのは、テクノロジーの進歩と、それが日常化しているのが、30年前以上に加速されているということ。
30代に令和を迎えられてラッキーだという時代になりそう!
令和に突入します。新元号は、生き方の心機一転にはよい機会です。
私が心配なのは令和になるときにどうやって祝えばいいのかです。
毎年新年を迎えますが、令和を迎えるのは平成を迎えてから31年もたっているので覚えていません。
5月1日0時に花火をあげて祝うのか?厳かに祝うのか?
私はフィリピンのセブ島にいますが、悩んでいます。
「5/2『ホワイト国家・日本の道』―なぜ衰退のシナリオは、希望のシナリオになりえるのか。」(記事引用)

経済学者・安田洋祐さんの論稿に注目したい。人口減少&少子高齢化を一義的にマイナスとしない論があって、リアルに起きていることを立体的に把握できるようになるので。
変化を期待しても特段何も起きないでしょうから、自分自身で身近なところに変化を起こすに限るでしょうね。変化を望んでいるのであれば。
令和は平成と違って生きる為の準備が必要なわけですね。
大変だ。

と言うか、以前作成したけどボツになった記事の寄せ集めですかね?
あたらしい時代、平成都は異なる生き方が求められる。日本がおかれている環境も変わっているし、国際情勢も平成とは大きく異なるだろう。企業は自らの存続意義を問い直し、個人は何をすれば社会に役に立てるか、そう問い直していきるのが令和だと僕は勝手に考えている。
幅広い人が取り上げられてて楽しみ!
個人的に山田孝之さんの記事読みたい。
この連載について
新時代・令和の幕開け。景気の停滞、少子高齢化…様々な問題が浮き彫りとなった平成を経て、令和は価値観の変革が起き、社会が大きく変わるだろう。変化の時代を、どう生きるか。各界のトップランナーのインタビューから、そのヒントを探る。