新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね。国内では芋栗南瓜に特化して川上から川下まで垂直統合的に展開される白ハト食品さん(らぽっぽ等)がいらっしゃいますが、顧客層が近いかなども気になる部分です。
海外から友人たちが来ると、「あの芋、買いたい」と言われ連れて行きます。今はスーパーでも焼き立てのものが売っていて便利。150円くらいで甘い焼き芋が買えることにも感激されます。私の友人たちだけかもしれませんが、彼ら、皮むかずに食べるんですよね。「私は皮むいて食べるよ」と伝えてますが、皮のままいきますね。
日本人以外の客についての記事だが、ことシンガポールにおいては、約3万人の日本人も多少高くても日本と同じ食材を求めて明治屋またはドンドンドンキに集まる。両店舗では買い物客から日本語が聞こえてくるため、日本国内かと錯覚するくらい。

近く、明治屋が入っているリヤンコートが無くなること、魚や肉の鮮度、また日本人が多く住むノベナにもドンドンドンキが出来ることから、シンガポールではドンドンドンキの独り勝ちになりそう。
焼き芋なんてすぐに模倣できるだろうし仕組みを整えれば自販機でも展開できそう。
専用小型店の出店についてもそのことを自覚していて、市場が飽和する前に自らアクションを取っているのだろうと思われます。
人気店は絶対に模倣される。
そのうちいつぞやのタピオカドリンク店ばりに街に溢れるかもしれない…。
よく行くスーパー「オーケー」でも、焼き芋に手を伸ばす主婦の姿をよく見かけます。匂いにつられて、つい買ってしまうのはよく分かります
一歳の子どもが焼き芋好きで、スーパーで甘そうな焼き芋を見つけると買って冷凍しておきます。先日その娘を連れて米国に行ったのですが、米国の普通のスーパーで売られているさつまいも: yam potatoは水っぽく繊維も多いので、日本のさつまいも感覚で焼き芋にして食べるとあまり美味しくありません。思わずアジアスーパーまで車を走らせて、いわゆる日本のさつまいも: sweet potatoを買って焼いたところ、ホクホクの美味しい焼き芋になりました。

しかし考えてみると、海外に住んだときに恋しくなる日本食は海外で大きなビジネスとなる可能性があることに気づきました。15年前に米国に留学したときは、ラーメンと焼肉が恋しくなったものですが、今や米国の主要都市では本格的なラーメンや日本式焼肉をよく目にするようになりました。あのとき米国で起業していれば…!と思ったりします。

逆に当時日本に戻って恋しくなったものは、今や大人気のタピオカミルクティーです。ああ日本で起業していれば…!

ところで最初に言及した米国のyam potatoですが、焼き芋やふかしいもはイマイチなものの、フライドポテトのように揚げたsweet potato friesは驚くほど美味しく、様々なレストランで食べることがありました。まだあまり日本で見ないと思うので、是非どなたか広めてくれないでしょうか!
焼き芋、すごく好きですが、日本的な食べ物だったのですね。海外ではあまり一般的ではないのだろうか。「ドンキ化したファミマ」でも売れているようですが、確かに、コンビニで焼き芋売っていたら買うかもしれない。
シンガポールでも、あの焼き芋が人気でした。
常夏のシンガポールに焼き芋は、一瞬⁇だったのですが、室内は冷房が効いているので、日本の真夏におでんが売れる原理と同じなのでしょうか?
株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.11 兆円

業績