新着Pick
319Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これぞ人生を自分の手で切り開いているという感じでカッコいい!
1990年代半ばに上司から16時代に帰ってもよいと言われるってことは、それだけ職場での人望も厚く、周囲から信頼されていらっしゃったんだろうなと想像します。
メルマガで情報発信し、自ら行動して、次のチャンスを掴む。私も見習いたいです。
43才の時に長時間通勤になり、その時間を活用した読書とメルマガが大きな転機をつかむスタート地点。コツコツと自分の好きなことを続け、発信してきたことが5年、10年たって大きく育っている。

一般的な、会社の退職後年齢後も、平均すると人生は20年は続くことを考えると、一定の収入と人とのつながりがあればより豊かな人生を送れる。

自分も今年43才になるので、今後の人生を考える上でも、とても参考になりました。良い記事をありがとうごさいます。
「ここまでならば、仕事とは関係ない、趣味の世界を広げました、ということで終わるだろう。松山流読書術の特長は「読んで終わり」ではないことだ。せっかく読んだ知識を職場で生かせないか、常に考え、しかもそれを実現させてきた。」(記事引用)

読書を純粋な読む行為として楽しむのを趣味と呼ぶとすれば、僕はほとんど読書をしていない。読んでいる先から、自分の仕事に接合し、再編集していく。換骨奪胎が基本。たぶんこれが一番手軽にひとりでできるオープンイノベーション。
この連載について
人々の価値観が多様化し、複雑化する現代社会。教育改革実践家の藤原和博氏は、そんな時代に「希少性のある人材=稼げる人材」になるためには、「3つの分野で100分の1の希少性を獲得し、その掛け合わせで100万分の1の存在を目指すことが大事」と語る。 とはいえ「具体的にどうキャリアを掛け算すればいいかわからない」という人も多いかもしれない。 NewsPicksは藤原和博氏とコラボし「ミリオンズ」という連載を開始。本連載では、編集部が「100万人に1人の人材( The Millionth/ミリオンズ)」だと評価した人物を、ジャーナリストの磯山友幸氏、ライターの川内イオ氏が取材。彼らはどのようにして「100万人に1人の人材」になったのかー。

業績