新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本には世界に誇れる自然資源があり、農作物や食文化、伝統工芸品などの技術があります。
先進技術やビジネス、女性躍進など、どの分野においても国際社会からの遅ればかりが取りだたされれますが、日本には世界の誇る自然資源と技術があると思います。
”日本が誇る職人の技術、クオリティを守る市場”を作りたいという気持ちは、本当に共感できます。

日本が誇る資源、文化、技術の守る市場を創造し、維持していきたいなと思います。

>いろんな人に会って関わって、人のために生きる
「成功するキャリアに必要な8段階」のうち、自分の価値をマネタイズしながら、⑦業界に還元すると⑧レガシーを残すを同時に実現している方だなと思いました。
https://newspicks.com/news/3865778/body/?ref=user_336510
会社は勝手に大きくなる
痺れます!

はじめての挑戦を笑う人がいるが
挑戦ジャンキーの成長力を舐めちゃダメです

挑戦ジャンキーは言われなくても挑戦して失敗してまた挑戦する
成長率が低かろうが圧倒的な挑戦回数で
気が付いたらその道で結果を出す

きっと彼女もどこかのタイミングで
マーケット、ヒト、プロダクトがハマり
良いサイクルに乗ったんじゃないかと思います

こういう人はこの事業じゃなくても当たるまでやるから
結果が付いてくるんですねー
勇気をもらえる記事。一歩踏み出す勇気が人よりちょっとあるだけで人生って切り拓かれていくんだと思う。

『一度きりの人生だから、好きなスタッフと楽しく仕事したいし、気持ちよく生きたい。みんなの人生がそうあってほしい。みんながみんな思い合える世の中であってほしいんですよ。』
『彼女は、初めから経営者に向いていたというわけではなかったと思う。できるかどうか分からないが、自分がそういう役割を引き受けることで、経営者に成長していったのだ。』
何かを起こす人には多くのケースで、思春期ないし社会人初期までに何かしらの原体験が強くあるケースが多い。生き方を揺さぶる体験はその後の生き方を変える。あとはそれを意味づけたり、紐づけたり出来るか、最初の一歩を始めて試行錯誤し続けられるか。

変化を恐れない人に機会は訪れますね。changeとchanceは一文字違いだと、つい最近読んだ原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」に書いてあったのを思い出しました。
> 平屋のオフィスには7部屋あり、そのうちの1部屋には、おもちゃとベッドが置かれている。ギブリの女性スタッフ6人、それぞれの子ども計8人が遊んだり、休んだりするスペースだ。

この仕組み超大事ですよね。
限られた労働力を最大限活用していこうとすれば、これまであまり注目されてこなかった「家事の効率化」に踏み込まざるを得ない。
昔ながらに見えて最先端の試みに胸踊る記事。
坪内さんに関する記事はNPでも何度か拝見し、若いながら漁師さんを束ねる凄い人がいるなあと感心していましたが、今回の記事は坪内さんの波乱に富んだ私生活まで踏み込んだ読み応えのある素晴らしい記事ですね。
ライターは誰かと思ったら、昨年に農業は死なないシリーズやお酒シリーズを取材された川内イオさんでした。
流石ですね!
必死さは相手に伝わる。崖っぷちパワーを維持しつづけれらるというのはすごい。
この連載について
人々の価値観が多様化し、複雑化する現代社会。教育改革実践家の藤原和博氏は、そんな時代に「希少性のある人材=稼げる人材」になるためには、「3つの分野で100分の1の希少性を獲得し、その掛け合わせで100万分の1の存在を目指すことが大事」と語る。 とはいえ「具体的にどうキャリアを掛け算すればいいかわからない」という人も多いかもしれない。 NewsPicksは藤原和博氏とコラボし「ミリオンズ」という連載を開始。本連載では、編集部が「100万人に1人の人材( The Millionth/ミリオンズ)」だと評価した人物を、ジャーナリストの磯山友幸氏、ライターの川内イオ氏が取材。彼らはどのようにして「100万人に1人の人材」になったのかー。