新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シリーズ人体Ⅱ」は遺伝子とになるという事で、記事の内容を読んで、純粋に楽しみです。
“健康情報に終始するHOW TO番組ではなく、人体に秘められたロマン”というところが1番大事だと思います。そういえば何故だ?という問いが湧き上がってくるような、そんな感覚、人の興味を如何に惹起できるように作り込んで頂けるか、期待しております。

「遺伝子」という言葉は、生物学的定義から離れた使われ方、通俗的な遺伝観を表現するときにもイメージで用いられる事が多いと感じます。
こういった機会に、DNA、遺伝子、ゲノム、染色体、と言った言葉の区別を正確にして頂けるようになると、科学記事や、番組の理解、楽しみ方が深まると思います。

間違いに目くじらをたてるわけではなく、わかったら面白いという事であります。
人体では、あやふやに使用されることはないと思うので、良い題材にもなると思います。
遺伝子で自分の情報を知ることで、遺伝子レベルでの個人向けカスタマイズが可能な世界に。

しかし、後天的な要素も加わるため、簡単ではなさそう。知ったことで、かえって不幸になる場合もありそう。
これは楽しみです。20年以上前、私が中学校のときにNHKスペシャルで遺伝子の特集をやっていて興味をもち、そして今に至っています。

この番組を中高生が見て、その中から生命科学の研究者を目指す人が現れてほしいです。

私もTwitterで実況しつつ、必要なところは捕捉をして、陰ながら応援します。
遺伝子に関心ない方にはぜひみていただきたいです。
私自身の遺伝子観もガラッと変わりました。
遺伝子の理解や突然変異の受容に広くつながることは望ましい反面、おまじないレベルのDTCゲノム診断サービスが勢いづかなければ良いのですが。
"実は、僕自身、遺伝子というものに全く興味がありませんでした。"

これはこれで衝撃。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア