新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
要は大多数は燃やすわけですね。
燃えるゴミの燃料として。

それが一番いい。そんで熱エネルギー回収すればいい。

プラは散々分別させといて、結局ほとんどは埋め立てか燃やしてるのだから。
こんなにバカバカしい話はない。

『このうち「清涼飲料」では、家庭などから回収した使用済みペットボトルを別の製品や再びペットボトルに作り替えたり燃料として利用したりする有効利用率を、2017年度の92%から2030年度に100%へ引き上げるとしています。』
リサイクルにコストが掛かるため燃やすしかないのであれば、原料を化石燃料からバイオ原料へ変えるしかないと思います。
原料を変えるのもコストが掛かりますが、環境対策において国際社会から取り残されないようにするためには、最初のコスト負担は避けられないと思います。
リサイクルの実現には、コストがかかります。

経済が堅調で、そのコストを社会が負担できるのであれば、リサイクルは実現できますが、それがなければ、最善の策は、燃やすことです。

ただし、それは温暖化に対してはネガティブです。

基本はインプットとアウトプットの関係なので、我慢することで便利なプラスチック製品を減らすことが一番です。勿論、難しいです。
経団連の目標では「2030年度には回収したペットボトルを100%有効利用する」ということ。すでに清涼飲料業界では昨年末に「清涼飲料業界のプラスチック資源循環宣言」を発表しており、2030年度の100%利用を目指している。

https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/03/2019-0328-1738-14.html
パタゴニアのように再生素材でフリースとか、防水レインスーツには十分使えると思います。ただ日本人の環境意識が低すぎるので、北欧並みに環境を大切にして生きることの大切さを啓蒙した方がいいですね。