新着Pick
69Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
北朝鮮に対して一つの圧力になる。
拉致問題の解決が終わらなければ、日朝国交正常化もできないだろう。
日本だけで北朝鮮に交渉をかけても真面にやってくれないので、トランプさんを動かして、北朝鮮への圧力をかける。
北朝鮮も少しはまじめに考えるだろう。
北朝鮮の日本人拉致問題は安倍晋三首相が官房副長官のときに焦点化して一部被害者の方々が帰国しましたが、このことは安倍氏がスポットを浴びるきっかけとなった出来事でした。その後も「拉致問題に落としどころはない」などとして全員帰国を求め続けてきましたが、北朝鮮との直接対話の糸口はいまだつかめていません。

首相はこれまで米大統領と会うたびに拉致を話題にし、そのつど「首相、拉致問題を提起」というテロップがNHKの画面に速報され、国民にもアピールしてきました。いわば「米頼み」の状況が続いていて、今回はトランプ大統領に直訴する場をもうけて、解決への取り組みをいっそうアピールするということでしょう。
シンガポール、ハノイでの米朝会談、昨年の春ぐらいまでの北朝鮮と韓国間の対話の進展で、日本の拉致被害者の家族の方々は、一瞬明るい希望を持たれたはずです。
けれども、結局は具体的な話しは進まないまま…
待つだけの辛さはいかほどかは軽々しくコメント出来ませんが、もしかしたら…という期待が持てるのであれば、やれることは全てやりたいはずですね。
何か僅かでも進展があることを願いたいです。
【政治】何度だって書くけど、安倍首相というのは内閣官房副長官、内閣官房長官を歴任し、通算7年以上も内閣総理大臣の座にありながら、拉致問題について全く進展がないよね。ここまで何の進展もないと、高齢の家族会関係者が死ぬのを待っているのではないかとすら疑いたくなる。