エリート街道を外れてカフェ経営。国分寺から発信する新しい経済

2019/4/30
特典のないファンド
国分寺駅から徒歩数分。国分寺街道へ出る少し手前、大きな三叉路の角にレトロモダンな雰囲気の喫茶店がある。扉をあけて店に入ってみると、清潔感のある服装をしたスタッフが、気持ちのいい笑顔で迎えてくれた。
1階の片隅と、2階へ続く階段の壁際に、書籍がずらりと並ぶ。店のスタッフがセレクトした新書と古書が中心で、どちらも購入できるという。品のいいアンティーク家具が余裕を持って配置された2階の客席では、ふたりの女性客が本を読んでいた。
そこには静かで、穏やかな空気がただよっていた。お店の外と中で、時間の流れが少し違うようにも感じた。
2017年3月にオープンしたこの「胡桃堂喫茶店」は、少し変わった方法で開店資金の一部を調達した。