新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
満を持して、ついに発表されました。
量子コンピュータにインスパイアされた理論を使った、
シミュレーテッド分岐マシン SBMです。
世の中を根本から変えるポテンシャルを持っています。

従来、開発費が数百億から、一千億かかると言われて
いる、イジング問題を解く専用機無しに、その専用機の
10倍の速度で計算出来ます。

量子コンピュータでないと解けないと言われてきた、
問題のいくつかは、解くことが出来ます。

数式の工夫により、並列計算出来る様になったのがポイントで
普通のFPGAで出来ます。
量子イジングスピンの状態を、非線形微分方程式のバイファケーション分岐の状態とみてシミュレーションする、というアイデア(大変面白いアイデアですが、これ自体は既存のようです)を、通常のデジタルコンピュータでシミュレーションしやすいハミルトニアン運動方程式を使って定式化した、ということのようですねぇ で、量子アニーリングで解けるクラスの組み合わせ問題が、通常のデジタルコンピュータで高速に解けるようになったと 分岐後のそれぞれの状態遷移は独立しているので、簡単にFPGAで並列計算できるということのようですよ

って感じですかねぇ、ざっと見ると 詳しい方もっとオシエテ
論文は以下.
https://advances.sciencemag.org/content/5/4/eaav2372
並列計算に適したアルゴリズム提案なんですね.ちゃんと読んでみます.
下記が東芝のプレスリリースになります。動画もついています。
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1904_01.htm
こちらの説明なら理解できる

東芝が最適化問題の新解法、FPGAで既存専用機超え
「並列化しやすさ」を武器に2019年内の事業化目指す
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/ne/18/00001/00079/
全くの素人ですが、「お手元のパソコンを特定領域で光速的に進化させるブースター」と理解しました。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.09 兆円

業績