新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
所謂、大企業をディスってスタートアップを上げようとする記事でした。以下の文章には大きく違和感を感じますね。

>「大手商社に就職するのがいい」「大企業なら終身雇用がまだまだ普通」など、脈々と引き継がれてきた価値観があまり変わっていないグループ。
>もう1つは、「既定のレールにはこだわらない」「乗りたくない」というように、時代の変化を受けてこれまでの価値観が劇的に変化しているグループだ。
>最近は後者のグループが少しずつ大きくなっている印象だが、2つのグループの価値観の差はどんどん広がっているように感じる。

ここ数年の大企業界隈の大きな変化を把握できていないのでしょう。たしかに所謂大企業思考の人の中には、昔ながらの安定志向タイプは一定数いますが、やりたい事を実現するためのリソースを持っている会社が大企業だったというパターンが年々増えています。スタートアップ志望の人は確かに増えていますが、スタートアップに入りさえすれば成長できると勘違いしている人も多いので、大企業だろうがスタートアップだろうが、それぞれの内訳を見ると、ちゃんとした人と駄目な人の割合は変わらなそうです。

入社した会社でやりたいことを見つけて頑張るのも否定はしませんが、理想はやりたいことが先にあって、それを実現し易い会社を選ぶという考え方であるべきです。ここを勘違いしてはいけないですね。
freeeさんのインタビュー記事ですが、面白かった。
大企業がいいとかベンチャーがいいとかではなく、日本の労働環境、人口問題や財政問題から「今」の政策を読み解くとベンチャー的な雇用政策がこれから増えるのは確実な気がします。

ただそれがどれくらい続くのかは未知数。そのために自分のスキルを磨いたほうがいいなと感じる今日この頃。

業績