新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今朝からスズキの本社に立ち入り検査に入っています。メディアのカメラを引き連れていくことで、見せしめ効果も狙っています。スズキにはこの際、ウミを出して欲しいのですが、トラブルが起こるたびに絆創膏を貼る行政にも、再発防止策をしっかり講じてもらいたいものです。
私は先日、審査リコール課に「開発、生産で起こったことは市場措置でも起こる可能性がある」と指摘しておきました。
追補。
先ほど終わった石井国交大臣会見で、スズキのリコールと立ち入り検査についての質問があった。石井大臣は、「9月26日に徹底調査するよう指示していた。報告書の内容が適正かどうか、すでに4カ所に立ち入り検査した。経営陣に対して聞き取りを行うため本社に立ち入り検査している」と話しました。
大臣会見後、審査リコール課で話を聞いたところ、「鈴木修会長、鈴木俊宏社長にも話を聞く予定」とのことです。
関連省庁の管理責任は?

未だに誤解されてる方が多そうですが、この不正は日本の車検制度における完成検査不正になります。
日本の道路交通法上必要な検査であり、製品品質とは別のものになります。(製品品質はこんなものでは担保できませんので、別のプロセスで管理してます。輸出車では完成検査は不要です)

そしてこの検査は国交省が実施しなければならない検査の代行業務にあたります。

つまり法令遵守の点でガバナンスが欠如してる事が問題。
また、ソレを全てメーカーにケツを持っていく関連省庁の態度に違和感があります。
約202万台という国内最大リコールを国土交通省に届出て、原因は新車出荷前に実施する完成検査での不正となります。完成検査不正の内容としては、ブレーキ、ハンドル、速度計などでは検査結果の改ざん。無資格者による検査。燃費・排ガスデータ書き換え。逸脱した試験環境での試験実施。

どれも依頼主となるプリンシパル(顧客)には確認が難しい内容について、受託者であるエージェント(メーカー)が情報の優位性を利用して不正が行われていると思います。所謂、情報の非対称性からくるプリンシパル・エージェント問題です。

これは資本主義における市場の失敗によると思うので、政府が厳しく市場介入し、是正する必要があります。でなければ、不正のない車輌までが信頼を落とし疑われる事態となり、市場がレモン市場化してしまうでしょう。

レオパレス、大和ハウス、神戸製鋼、日産、などの問題における共通する部分であり、政府の対応が極めて重要だと思っています。
ブレーキなど安全性能にかかわる検査データの改ざんや無資格検査を行っていたとされるスズキは、本日、国土交通省の立ち入り検査を受けることになるようです。再発防止策の実施状況について確認が行われます。
【不合格でも「これぐらいなら」 スズキ、深刻な不正蔓延】
https://newspicks.com/news/3819815
これだけ不正が次々と発覚したのだから当然の措置でしょう
先日、ジムニーが何かを受賞したので良かったねとコメントしたばかりなのに、全くもう。しかも今回はブレーキの検査の不正だよ、命に関わる部分じゃないか。これはダメだろ。燃費や排ガスならまぁいいやというものでもないけど、ブレーキは特別。どんな不正だったのか続報に注目。
国の指導ではダメです。安全に関わる検査なので、不正は懲罰が必要。
スズキ株式会社(英語: SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 ウィキペディア
時価総額
1.28 兆円

業績