新着Pick
557Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Wikipediaにもあるように、プロも巻き込んだ議論になるほどのモンティ・ホール問題。

モンティ・ホール問題
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C


ビル・ゲイツ氏をして(DNN以前に)「今後は統計の時代」と言わしめる程ビジネスに直結する数学です。
https://diamond.jp/articles/-/82532


どーーーーーーーしても納得行かないという方は日曜プログラミングにはもってこいですよ!
コレ、確率論から言えばその通りだけど、変更できる選択肢を与えられただけで成功するわけじゃない。
母数が減って、そこで選択変えたから確率上がる訳じゃないから。

とは言え、非常に重要なお話です。
途中で条件が変わればイロイロ考えたくなるけど、物事は俯瞰して見なければなりません。大局から見たら小さい変化は大抵些細な事かもしれません。
現状維持バイアスに焦点を当てて考えると、トレードの巧拙を分けるものの一つとして、このバイアスを認識した上でこれを超えるよう思考を働かせた行動を取れるかどうかということになるかと思います。

古来より武術などにおいても居着くことを戒める教えが多数出されていますが、それだけ人は現状維持バイアスに支配されやすい、思考停止に陥りやすいものなのでしょうね。
モンティ・ホール問題。ポール・エルデシュとか著名な数学者も間違ったけど、高いIQで知られるマリリン・ボス・サバントは正しく回答したことで話題となった。人間がいかに確率的思考を本質的に苦手としているかよくわかるエピソード
モンティ・ホール 問題

直感では⁇⁇⁇と思うし、
"論理的に考えても"、腑に落ちないし、
"何回も実際にくりかえしてもらうと、理論値(1/3と2/3)に次第に近づいていく"という記載を見ても、"本当かよ…"とうそぶくし、

少なくとも自分に情報センスがないのは理解しました…😔
意思決定には、現状維持バイアスがかかりがち。事後確率を考えることが少ない。しかしビジネスの状況は刻々と変化している。その時々で確率が変わってくる。それをクールに思考しなければ負けてしまう。なるほどですね。
情報の見極めや選択にも、確率論や統計学的な思考が今後ますます大事になりますね
セリングで後からやってきたベンダーは最初の選定者の選定をひっくり返せるのは極めて確率低い実感「一般的に、人は選択肢を変えることが得意ではない。これは現状維持バイアスと呼ばれる。さらに、自身が下した意思決定であればなおさらだ。行動経済学でいう保有効果が働いている状態である。」
これは著名な数学者エルディシュも惑わせた問題。

ここを見落とすと絶対に間違える鍵となるのは、「自分の選んだものを除いた中から」ハズレの箱が選ばれるっていう点だと思う。
この連載について
キャリアの話題に関する特別レポート