新着Pick
261Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
今は抵抗感が強い培養肉ですが、人口増加や気候変動のことを考えると、現在の食のレベルを維持するためには、培養肉は必然なんだと思います。

食文化も社会の流れにより、徐々に変わってきているので、培養肉も受け入れられるようになり、スーパーに並んでいるのが普通になるのではないでしょうか。

自然資源を活用して食物を栽培できる、水産物を得られる現在の環境がいかに恵まれていることなのか、とても実感します。
日本ではインテグリカルチャーの羽生さんが、高価な培養液をソフトドリンクのダカラで代用して、より安価な培養をする、というおもしろい取り組みをしています。羽生さんはオックスフォード大学に飛び級で入学した天才なので、天才達が取り組むこの分野は早く実現するのかもしれません。

羽生さんは培養肉をクリーンミート(純肉)と呼んでいます。肉が培養されているイメージは気持ち悪いですが、今の肉でも、肉を食べる前に、豚がぎゅーぎゅー詰めにされて動けなかったり、豚が屠殺されたり、というシーンをイメージしたら、気持ち悪くなるので、ここは多分にイメージ作りの問題と思います。
記事の内容以外にも、体内の臓器を外に出すと、保存がきかないという課題もあるそうです。臓器移植を思い出してください。ヘリを使って、いかに時間をかけずに、患者に運ぶことができるか、大変な労力をかけてやっています。

本物の臓器の場合、血管が通っています。それでも体外では生きていけない。いかに、生物の体は複雑で優秀な機能が備わっているのかが伺い知れます。
培養肉も同じことが言えます。作った肉は数時間しか持たないそうです。

この時間の壁を越えるためには、とてつもないイノベーションが必要だそうです。何年先に、肉が市民の口に入るまでになっていくのか。面白いです。
この領域は、政府による規制・政策の影響が大きい。

EUでは昆虫が新規食品として認められはじめているようです。

参考:[6種類の昆虫が食用としての製造・販売対象に(フィンランド) | 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報 - ジェトロ]
(https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2018/201f62a5302626d3.html)
培養肉は殺生がない。人口増とともに動物たちが多く食用にふされる。それがないのは美しい。
そこまでして食べたいの?
培養肉でも、やはりステーキ状の肉を作るのは大変なのか…
培養液のコスト問題もあるなかで、代替肉のコストが下がっている中では、ハンバーグなど挽肉は代替肉で、肉の塊を食べたい場合はそのまま普通の肉で、という形になっていくのではないかと思う。
培養肉生産の過程での食の安全性が確保できれば個人的には問題はないと思います。
この連載について
ITとバイオテクノロジーの進化によって、食の世界が大きく変わろうとしている。動物を殺すことなく、研究室で作る肉。畑ではなく、工場内で栽培する野菜。そして、遺伝子改変によって、サイズが大きくなった魚。これから我々の食は、どのように変わるのか。フードテックの最前線を追う。