新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国国内EC市場は、記事にもあるように、Alibaba(淘宝網)とJD(最近、トップのスキャンダルなどで急落中ですが)などで十分なので、B2CではAmazonの出番はありません。

そもそもAmazonへのアクセスは制限されていますので…そんな中で無理しても仕方ないので、撤退することも賢明な戦略だと思います。
調査会社eMarketerが2018年7月に発表したレポートによると、中国EC市場のシェア(金額ベース)はアリババが58.2%でトップ。以下、JDドットコムの16.3%、ピンドゥオドゥオ5.2%という並び。アマゾン中国は7位でシェア0.7%という惨状だ。
この噂は2月末以降、くすぶり続けていて新しいニュースではない。中国の2018年第四四半期、B2Cに限った越境Eコマースのシェアを見ると

天猫国際(アリババ)31.7%、網易考垃(ネットイース)24.5%、海囤全球(京東)11.5%、唯品国際9.7%、亜馬遜海外購(アマゾン)6.0%、小紅書3.7%、蘇寧国際2.9%、聚美極速免税店1.5%、豊趣海淘0.8%、その他7.7%、となっていて、アリババ6割の国内通販のシェアとはかなり様相が異なる。

アマゾン中国は2014年10月、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアと直通の越境Eコマース「亜馬遜海外購」で、海外ブランドの輸入戦略を強化するとともに、海外版への出店サービス「全球開店」も開始した。全球開店の大商談会はアリババの本拠地、杭州市で行った。

越境Eコマースでアリババに次ぐ2位のネットイースと一緒になるのでは?という噂もある。アマゾン中国は、業者出品サービスの停止や中国拠点の整理を行っていて、近く、何かが起こるのは間違いなさそうだ。全球開店だけになるのかも知れない。
アリババが圧倒的にシェア取りすぎているので、大きく戦略間違えて自爆しない限りは2位以下のモールはどんどんジリ貧になっていくかとおもいます。
東南アジアでの覇権争いもアリババ強いので、インド、アフリカと、陣取り合戦が今後繰り広げられるでしょう。そこに日系が割って入れてないのが悲しいところ。。。
そもそも海外のウエブサービスを冷遇、排除してきているので。

中国EC市場のシェア(金額ベース)はアリババが58.2%でトップ。以下、JDドットコムの16.3%、ピンドゥオドゥオ5.2%という並び。アマゾン中国は7位でシェア0.7%という惨状だ。
自国で閉じれば閉じるほどに。。
調べてみると世界各国のec市場は意外と地域性が強い。
やはりものを取り扱う分、物流などで海外展開に制限が生まれるからだろうか、
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン