新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【和解以外のシナリオは、むしろなかった】

AppleとQualcommの訴訟が全世界で和解となりました。これによって、iPhoneの将来のモデルでの5G対応に道筋がたちます。

Qualcommのビジネスモデル、つまりライセンスとチップ販売の抱き合わせに対して、各国の公正取引委員会が制裁金を課してきましたが、表だって異議を申し立てたのはAppleでした。Apple自身も、Intelの通信チップの採用や自社開発に向けた人材獲得に動いており、iPhone X以降は脱Qualcomm色が鮮明でした。

ただ時期が悪かったといえます。2020年前後の次世代通信規格、いわゆる5Gの導入に、Qualcommは欠かせない存在となっていたため、係争が長引けば、iPhoneの5G対応が遠のき、失速しているiPhone販売の数少ない挽回のチャンスを逃すことになります。

また米中貿易覇権争いで、5Gは主要テーマ。Qualcommに対して技術的に対抗できるHuaweiは米国から閉め出されたばかりです。AppleはQualcommを選ばなければ、Huaweiと手を組むことになるわけで、いくらAppleとて、米国籍の企業として、今その選択はできなかったはずです。

Qualcommとしては主要顧客をつなぎ止め、Appleは判断を間違わなかった点で、両得、といったところでしょうか。
今後への示唆は2つ。
一つはQualcommの高い(と言われている)ライセンスフィーが継続すること。①に詳しいが、Qualcommは端末価格に対してX%というライセンス料金の設定。また、②に記載があるが、各メーカーに同じ条件を適用する条項があり、Appleで負ければ他メーカーでも引き下げざるを得ない。それゆえ、ここはQualcommのビジネスモデル上、守ることが極めて重要だった。
二つ目は、QualcommがAppleのチップサプライヤーとして5gで復活していくということ。上記のような料金体系を嫌ったこと含めて、AppleはモデムチップをIntelに変えた(たしか7から、それでも特許料は一定Qualcommに払っているとは思うが)。ただ5gを見据えて他に選択肢がなかったということだと思う。それでも自社開発などは引き続き進めていく(③)のではないかと思うが…握手しながら殴り合う状態は続くだろう。
https://eetimes.jp/ee/articles/1712/04/news060.html
https://newspicks.com/news/3824629
https://newspicks.com/news/3529190
ですよねー
やっぱりそうなりますよね。
5G時代が来るにつけ、アップルは自社でもインテルでも開発が追いつかなかったから実利を取って折れる、と。
追い付いてたらそれはそれで面白かったけど、まさにこの手の開発ではクアルコムの方が何枚も上手だったと。
三星の有機ELもクアルコムの通信系チップもそうだけど、アップルのSCM戦略はここに来て陰りが大きく見え始めた。
Huawei x appleはハナから難しかっただろう。

以下日経記事も
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO43826850X10C19A4000000
クアルコム大勝利!Appleも5Gで大幅に出遅れるリスクの前に和解しか選択肢はなかった。Appleユーザー的には一安心w
クアルコムの大きな勝利。アップルはクアルコムに5Gチップ供給を依存することになる、、、。
アップルとクアルコムが世界全ての訴訟を取り下げることで合意。声明の中で、両社が半導体の供給などで6年間のライセンス契約を結ぶことも明らかになった。
この報道を受け、クアルコムの株価は上昇、インテルの株価は下落している。
両CEOの相性の悪さもあり、とことん争うと思っていたので、いきなりの手打ちは非常に意外。それだけ5Gで後れをとるアップルとしては妥協せざるを得ない状況に追い込まれていたのでしょう。一方で、ファーウェイの創業者も5Gモデムチップでアップルに秋波を送っていましたが、さすがに毒リンゴならぬ毒●を食らうことになりかねず、飲めない相談かもしれませんね。
Appleとして現実的な結論。
これでまた世界地図が少し変わってくる。
米国の産業政策の流れを概観すると以下のような変遷をたどっています。
・日米経済摩擦。知財の力で相手を抑え込む「プロパテント(特許優位)」の時代
・パテントトロールに狙われたIT大手のロビー活動を受け、特許権利者の力を制限する「アンチパテント」の時代
・トランプ政権の誕生、米中経済摩擦で、再び「プロパテント」への揺り戻し(←イマココ

プロパテントへの揺り戻しは始まったばかりで、特許審査の方針変更など行政の混乱も見られます。この係争はアンチパテント時代の末期に始まり、当初はApple優位で運んでいましたが、先日Qualcomm有利な判断が国際貿易委員会で下されました。やはり潮目が変わったのでしょう。
それを受けてのAppleの判断の早さはさすがというべきか。

5Gにおける米中ガチンコ対決の環境が、いよいよ整ってきたようです。
皆さんのコメントが参考になります。

あとでじっくり読混ぜていただきます。

訴訟社会のアメリカでも、むやみやたらに訴訟をしている暇があったら、自分の会社の経営をしろ!という感じの雰囲気が最近はあるように、前回アメリカに行った時聞きました。
クアルコム (英語: Qualcomm, Inc.、ナスダック: QCOM) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
16.0 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
232 兆円

業績