新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
加藤さんのコメントのとおり、どこまでが買収の範囲かわからないので、買収金額の妥当性は判断できませんよね。

オムロンオートモーティブエレクトロニクス単体だけを見たら、ROAも経常利益率も約3%でパッとしない印象で、オムロンの求める投資リターンは満たさないんだろうなぁと。

日本電産の過去の買収案件を見ると、ことごとく買収金額は対象企業の収益力に比べて割安なんですよね。永守さんのM&A巧者たる所以です。

上述のとおり本件は買収金額が妥当かどうかわかりかねるんですが、オムロンの有価証券報告書を見るかぎり、ちょっと高ずぎるんじゃない?という印象です。

吉本社長体制になったことが影響しているのでしょうか?それとも、京都企業どうし阿吽の呼吸があったのでしょうか?ま、どちらでもなくて、日本電産が収益力を上げる自信があるのでしょうね。

そこに期待したいところです♪
オムロンの車載セグメント(AEC)は、連結では約1500億円。買収リリースをみても、この全体なのか一部なのかが分からない…
自動車部品子会社単体の売上(400億円弱)と、メキシコ子会社の売上(約40億円)だと、連結の車載セグメントとの乖離が大きい。リリースのタイトルも株式譲渡・取得であって、事業譲渡ではない。ただ当該企業の子会社については本ディールで併せて日本電産に異動する。有報を見る限り、海外子会社は9社でオムロンのリリースでも9社が移動するように読める。米国子会社とかはオムロン本体ではなく間接保有なので、だから売上が大きいはずだが今回の開示には出ていないのかなぁと思うが。
どこまで含まれるかによって1000億円という金額が大きいか小さいかが変わってくる。

日本電産:http://az369030.vo.msecnd.net/pdffile/corporate/190416-01.pdf
オムロン:https://www.omron.co.jp/ir/irlib/pdfs/20190416j.pdf
相乗効果が期待される買収案件ですね。オムロンとしても選択と集中を優先したのでしょう。
https://www.omron.co.jp/press/2019/04/c0416.html
新卒で入った会社で中途採用のお手伝いをしていたのですが、長くお付き合いさせていただいた1社がオムロンの車載事業部でした。なのでなんだか勝手に感慨深いです。
オムロンの優れたセンサー技術がまたこの買収でどう世の中をよくする仕組みに入っていくのか、楽しみにしたいです。
永守さんの賭けが吉と出るか凶と出るか?

You cannot learn to fly if you try to jump a lot.

というAurora Innovationメンバーの言葉を思い出します。

部品メーカーをいくら買収しても、Tier1にはなれない…
このニュースを読んで思い出したのが、私が以前在籍していたオムロンマイコンシステムズ株式会社をソフトバンク株式会社(当時)へ事業売却したことです。(その後私はソフトバンクへ転籍入社)
当時のオムロンはコンピュータ事業をソフトバンクと日本IBMへ売却して、選択と集中を実施するという決意が感じられましたが、今回もオムロンの思いが色々とあったのかと推察。


【オムロン マイコンシステムズ株式会社の株式取得に関する件】
https://group.softbank/corp/news/press/sb/1998/19980707_01/
あら、ミシガン州でニホン度の最も高いNovi市にオフィスがございますよ 現地校で、滞在中エイゴ覚えないコがいるぐらいニホンジン多いみたいですよ
日本電産がM&Aにどのように取り組んできているか、世界をアップデートしようとしているかは、以下もどうぞ!

【日本電産】世界の産業をアップデートする3つの原動力
https://newspicks.com/news/3795891/
日本電産攻めてますね。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.53 兆円

業績

オムロン株式会社(英語: OMRON Corporation)は、京都府京都市に本社を置く、日本の大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.25 兆円

業績