新着Pick
842Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康経営に取組み始めて4年目になりますが、4年間で私自身の意識がもっとも高まったのは口内環境と腸内環境についてです。今回は口内環境について、考えていることや日々の行動について吉野先生とお話できました。

今回の取材がきっかけとなり初めて電動式歯ブラシを使いましたが、こんなにも快適なものかと感動しました。パーシモン(木製)からチタンのドライバーに変えたときを思い出すくらいのインパクトでした 笑

なお、虫歯、歯周病、口臭予防のためにフロスやタフトも使った毎日のケアはもちろん、信頼できる歯科医を見つけての定期検診はオススメです。検診で使う専用機器のクリーニングの気持ちよさを未体験の方はぜひ。
芸能人は歯が命というコマーシャルがありましたが、
いまやビジネスパーソン歯が命。

学生の頃、虫歯を放置した結果歯髄炎になり三本抜歯。
今も7-8年に一度ブリッジやセラミック交換に20万円かかっています。
あれから一回4千円程度の定期検診とクリーニングを4-5回。
年間コスト2万円。
コスパもコンディションも定期メンテナンスが勝る。

そして人の歯を見てその人が丁寧な仕事するひとか、信用に値する人物かデューデリしてしまう自分がいます。
口腔ケアはもはや健康管理の常識となっていますね。睡眠や休養、食事などと同列で毎日ケアしたいところです。

私はソニッケアーで歯磨きして、Y字のデンタルフロスで歯間ケアもしています。歯科の定期通院も。
(健診の通院が3か月おきに勧められるのは開業医のビジネス的側面かと思い(失礼なこと言ってごめんなさい)、同期の勤務医に尋ねたところ、キチンとケアしてたら半年とかでも良いけど、結構3か月で診た方が良い人も多い、とのこと。いずれにせよ毎日のケアが大切なのでしょう。)

口腔衛星は様々な疾患と関与していると言われており、糖尿病の患者さんに眼科に毎年行くように!と言っていたのが、今や眼科と歯科には絶対行くように!!というのが常識となりました。(言われていない方もいますが)
高齢者・認知症患者の肺炎を減らせたりもします。

私の領域では、歯科処置(歯間ブラシなどでも)で一過性に細菌が血流にのってしまうのですが、それが心臓の内側にできた傷跡(疣贅)に巣食ってしまうと「感染性心内膜炎」という病気になり、場合によっては緊急手術が必要になったりしますし、最悪の場合は脳梗塞や死亡することもあります。
(脅してるわけではなく、そういうこともあるよ、という程度の話です。)

思い出深いのは、若い女性の原因不明の熱をいくら検査しても原因がわからず、、、最終的に口の中に膿瘍ができていたこと。
女性に人気のとある職業で身なりもとてもキレイにされていたので、口腔衛生が保たれていないというのは、「まさか」でした。
ちゃんと頭の先から爪先まで、必要に応じた診察をしないといけないなと今でも思い返しては反省する経験です。


ということで、別にどこの電動歯ブラシをオススメするわけではありませんが、口腔ケアをしっかりすることは歯科医でなくとも内科医としてもオススメします。
「細菌が身体に入る入り口って、ほとんど口か鼻」口と病気の相関関係は強い。糖尿病と歯周病、肺炎と口、認知症と歯の本数、など。

欧米では「歯が不潔な人は自己管理ができない人」「歯が汚い人は育ちが悪い」と言われる。確かに、映画の世界でも、だらしない人を演じる役者さんの歯を黒く塗っている。
海外から日本に戻るたびにいきつけの歯医者に行ってクリーニングや虫歯のチェックなどのケアをしてもらってます。日本で働いていないので保険が効かないのが難点ですが、長く仕事を続けたいので健康(歯だけでなく体も)には気を使っています。
40歳を過ぎてちゃんと投資するようになったのが、筋トレと歯。どちらも落ち始めると早いので、それを想定してベースをあげておく必要がある。最近は技術の発達により大人でも矯正ができるようになってきた。わたしも上下の矯正をし、磨き残しが最小限になるようにベースを整えた。
一度痛い目(虫歯)にあってから反省して時々歯医者行ってます...
新生活シーズンで住所変わった方も多いでしょう。近所の腕のいい歯医者はどこか、調べておくことをお勧めします。
歯は大事です。それ以上に大事なのは歯医者選びです。
あえて名は明かしませんが、儲け至上主義のクソ歯医者にとんでもなくぼったくられた経験があります。それとは別に、ありえない技能足らずのヤプ医者に奥歯一本ダメにされた経験もあります。歯医者行ったとしても、選び方次第では「行かない方がよかった」という結果になる場合もありますのでご用心。
あとネットのレビュー役に立ちません。
僕も50歳を超えてから歯のメンテはしっかりとしています。歯のメンテは仕事のパフォーマンスだけではなく人生の楽しみである食事の楽しみにも影響します。だからこそ、毎月の歯のメンテは欠かせないのです。
いきつけの歯科医院で以前は半年か1年に一度の定期検診を受けていたのですが、ここ2年さぼっていたら、奥歯の1本で僕の免疫軍が細菌軍に対して総崩れになったようで急遽診てもらいました。半年毎の検診&徹底クリーニングを復活させます。