新着Pick
75Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
制度を作るのは政府でも活用するのは企業であり、対象となる個人。
良い制度が最初から出れば素晴らしいが、つまるところ制度を運用する側に左右される要素が多いのも事実。

特定技能が搾取されない仕組みとして運用されるのか、はたまた技能実習制度のようになるのか。これも、制度より雇用企業などの意識に大きく左右される。

記事の中でも問題としてあがっている借金問題だか、多額の借金を抱えてるかどうかをただ聞くのは効果が薄いのは事実だと思う。だが、もう一つ大切なのは借金を抱えない仕組みを作れるかである。
この問題の解決策の一つとして弊社は教育などの事業を現地で展開している。自分達で運用すれば借金を抱えずに日本にこれる仕組みを構築できる。もちろん、全体の中ではシェアはまだ少ない。ただ、このように搾取されない仕組みを作り、同様の仕組みが広まれば制度を運用する側の実態も変わってくる。

政府が制度を作り、民間企業が制度を活用し、民間企業が良い運用方法を確立し、その運用方法が第三者的に見ても良ければ政府がそれをベースに制度を改良する。このような改良も良いと思う。

政府への批判は簡単だし、現状の課題を伝える意味合いでは必要不可欠。ただ、改良していくのは必ずしも政府だけではなく、運用する側の姿勢だという事を忘れてはいけないと思う。
「実習生」という形をとった事実上の「移民」であり、人手不足に対応するための見切り発車という感がします。

そんなことを言っても、私達も生活していく上で外国人労働力が不可欠になっているのも現実です。

外国人労働者の待遇が守られるのか、日本社会に馴染めるのか、受け入れ側の体制が不十分ではないか…等々、多くの問題はありますが、不具合が出たときに迅速かつ柔軟に対応していくしかありません。