新着Pick
128Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政策のターゲットになっている35〜44歳は特に女性で非正規労働比率は高いんですけど、これは多分パートアルバイト主婦の増加で説明できるところも多いはず。ボリュームとしてはですけど。
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0209.html
定性的にはここら辺も参考になります。正社員化するのは間違ってないが…。という話です。
https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/200475/120200081/
人生設計間違えましたってって事?

ヒドい言われようだな。
みなさん大きな勘違いしているんですが、この失われた時代の問題は、就職難や非正規雇用の増加ではなく、正社員自体の所得の大幅なマイナスです。非正規が増えたのもボリューム層は55歳~64歳であり(リストラなど)、アラフォー世代はむしろもっと少ない。
再設計すべきは、非正規雇用という部分ではなく、ましてや彼らの意識改革なんてものでもなく、雇用者全体の所得底上げの問題です。
【社会】自分の生まれ年なんて選ぶことができない。「就職氷河期世代」とか「ロスジェネ世代」なんて言うけれども、誰一人としてその世代に生まれたかったわけではないし、「就職氷河期」になったのも、「失われた20年」になったのも、その世代に属する人たちがそうしたわけでもない。百歩譲って「自己責任論」がまかり通るとしても、「再チャレンジ」や「再設計」ができないような仕組になっていて、その仕組に気付きながら放置されてきたのが日本という国だよね。
松岡さんに同感です。
新卒時も普通に企業に就職することが難しく、就職後も不況で待遇面は良くなく、昔の良き時代を全く感じることなく、働き盛りの今最近の時代の変化で大きな変化を余儀なくされ、子供の教育も選択肢が多く難しい時代です。。
この世代の方のコメントを聞いてみたい。
記念に肩書きを変えました。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.00 兆円

業績