新着Pick
765Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごーく限定された条件で「4割下げ」を実現。むしろ「最大4割値下げ 政府要請に対応」という見出しから無理やり逆算してつくったプランに見える。株主(国)の意向になんとか応えたが、ユーザーファーストにわかりやすくという部分は諦めたという感じか。

結果、端末は値上げになるので、もっとも利用の多いプランにおいては変化なしか実質値上げになる可能性もある。さて、KDDI/SoftBankはこれにどう対抗していくのか。5Gの周波数割当と決まったことだし、スルーもあり得るかも。
【ドコモ経済圏どっぷりの人に満額回答、通信・端末分離は5G普及で日本だけ遅れるネガティブ施策】

ドコモの新料金プラン、ドコモユーザーの皆様は今の料金に比べて何パーセント安くなりそうでしょうか?

端末は一括で買っていて、家族で複数回線を契約していること、ドコモ光に加入していることなど、端末の割引による2年縛りではなく、「ドコモ経済圏」をすすんで選んでいる人は、4割に近い割引になりそうです。

例えばSIMフリーのiPhone2台に5分までの通話無料と30GBのデータシェアをつけて、さらにドコモ光も契約していた場合、現行だと月額約28000円ですが、新料金では月額17000円へと値下がりし、割引率は39.28%となります。しかも6月からの半年はさらに1000円引かれるそうです。

通信と端末の料金分離の義務化を見据えての施策とのことで、端末代を考えるとさほど毎月の支払いは変わらないかもしれません。スマートフォンの買い替え周期が長期化している上、中古やSIMフリーなど、買い方も多様化してきたため、端末を安く調達できれば、通信部分の値下がりの恩恵をより大きく受けられそうです。

まもなく5Gサービスもスタートすることを考えると、当面この料金で行くのではないか、と思いました。5Gでの通信制限を外すような優遇はするかもしれません。

5Gへの対応は端末の買い替えが必ず必要になることから、行政主導の通信・端末分離が日本の5G普及にとってネガティブになることは間違いありません。例えば米国は端末のリース形式で1年使ったら最新端末に取り替えられるプランや、最新端末のBOGO(Buy One Get One、1台買ったら1台タダ)など、むしろ端末販売施策に積極的です。

最大手の通信企業が率先して料金を引き下げることで業界全体の競争が活性化し、消費者にメリットがもたらされるという政治サイドの目論見があり、最大4割の値下げが旗印になりました。しかしふたを開けてみると、上客に対する割引強化が鮮明となっており、多くの人にとっては不完全燃焼となってしまったようです。

ドコモの親会社NTTは政府・地方自治体が株式の34%以上を握っている事情を差し引いても、営利企業としての最低限の意地を見せたように思います。
相変わらず、説明資料に「※」が大量にあり、決してわかりやすい料金プランではない。
何をもってわかり易くしたつもりなんだろうか?これまでよりも最大4割安いようだが、やはり、一定条件をクリアしないとその価格にはならず、違和感は残る。
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/promotion/gigaho_gigalite/
結局の所家族縛りな訳ですね。

〈追記〉
月サポ無くなるんですよね。
2019年3月のiPhoneXR
https://newspicks.com/news/3757281/

実質値上げです。バカみたいですね。
皆さんのコメントを参考に色々試算してみましが、分離プランになって月々サポートがなくなる分利用料金が下がると言う感じで、さらに安くするには光や家族のバンドル次第という印象ですが、詳細な試算は明日の朝に何らかの記事が出ると思うのでそこで確認したいと思います。ざっとみる限り、ドコモは他者へのポートアウトを減らすことに主眼があると感じます。
 ユーザーが知りたいのは端末費用も含めた総負担ですかね。しかし改めて通信料も端末も高いなあ。端末で中古を使うか、丁寧に長く使うかしかないですね。
携帯料金を引き下げると、日銀が目標にしている物価が最大0.8%下落するとも言われています(もちろん消費者は懐に余裕が出来るので他の物品やサービスを購入するので、若干相殺されるのですが)。

ことほど左様に、日銀が物価の2%上昇を金科玉条のように掲げるのは馬鹿げているということです。経済が活性化し、国民が豊かになれば、結果として物価が上がるのであって、初めから物価上昇を目的にした政策運営をするのはおかしなことです。
昨晩、皆さまがリンク貼ってくれた料金体系を見ましたが、家族全員+光の契約をしないと、安くならない感じです。
結局変わらないか、一人で契約だと逆に値上げな感じです…
20年継続しているメリットははっきり書いてないし、なんだこれ?という発表でした。
5〜10GB/月の価格を下げてくれてたら乗り換え検討したところですが....残念。
docomoユーザーの7割は家族割ユーザー。そこを重視したプランなのかな。それ以外の人達にメリットが無いのが残念ですね。
分かりにくいとのコメントが殆どですが、spモードやWi-Fiテザリング込みになっているなど、シンプルになった部分もあります。
MVNOへの流出防止の観点で言うなら、この料金プランは有効だと思います。

5月に新機種発表会があるので、そこで何が発表されるか。
総務省の指摘に沿って料金プラン作るとこうなりますよね。端末価格はどうやっても上がっていくわけで、通信料金だけを下げるように圧力かけられると、端末価格を上げて全体的には値上げになる料金プランに。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
8.40 兆円

業績