新着Pick
734Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社の新商品、かなりの大反響となっております。
紙は当然、デコボコしてる布やおむつにだって印刷できるので、利用範囲はかなり広い筈です。個人的に期待しているのは自作クリエーターの人達ですね。文字は当然のこと、簡単なイラストも印刷できるんので、オリジナルグッズなどの制作が非常に簡単にできてしまいます。
買いますよ。
役所で住所とかしょうもない手入力全部これで終わらせます。ちなみにこのプリンタの競合は「(大型)ハンコ」ですね。

入力文字やサイズがリコーのアプリ側からコントロールできるのがユーザ視点の最低条件ですが(詳細よく知らず)。あと5万円は入門機としてはちと高額ですね。1万円台めざして欲しい(無茶振り承知、僕は3万円台で買います)
昔も感熱タイプでありましたし、クラウドファンディングでもインクジェットでありますね。

何れにしても、素晴らしい商品だと思います。リコーだけにメーカーとしての信頼性が違います。諦めず、製品化にこぎつけた情熱も素晴らしいですね。もう少し安ければ、様々な需要を取り込めるような気がしますが、まずは手堅く販売していこうと言う戦略なのでしょう。使い方コンテストとかやると、メーカーの想定していない使い方がどんどん分かって良いと思います。
これ、発表後即ポチしました。おそらく最初は品薄になると予想しています。
会社用は定期的ではない発送先への郵送の宛名プリント。
個人用では、子供の保育園用オムツ・洋服への名前プリント。水に強いらしいので洋服もイケるか試したい。
特に素晴らしいところは、ポータブルなだけでなく、
色々なものに印刷できるところですね。

転がすだけなので、ラベルプリンタもいらなくなる。
これは再発明!!
買ってみようかな
素晴らしいのだけど、確かスマホ用のアプリがAndroidだけなんですよね。
是非早期にiPhone用を出して欲しいです。
この製品のCM動画「すごい!」と何度も見てしまいました。イノベーションですよね。開発者の方、これを製品化した方、偉いと思います。
プロダクトも良いし、それが出来るまでのストーリーも良い。
もちろん買います。
本体の価格より、インクの価格、それと収益モデルが気になります。
この手のガジェットは「おもしろい!」という印象に惑わされ気味ですが、ランニングコストまで含めて、ユーザー価値に見合うものなのか?がポイントですよね。
株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、東京都大田区中馬込一丁目にある事務機器、光学機器などの製造を行っているメーカーである。主に複写機、ファクシミリ、レーザープリンターやそれらの複合機、デジタルカメラなどの製造・販売を手掛ける。創業者は市村清。 ウィキペディア
時価総額
7,069 億円

業績