新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ディーゼル詐欺からの巻き返しに必死なドイツ勢はEVにベットするも、いざ量産となるとやっぱ作れないというサプライヤーが続出。それで日本電産に引き合いが多く来ている、というのが日本電産のお話。周辺機器も組み入れたモジュール化戦略は以前からの戦略で、EV用プラットフォームもその延長線上。他社品も組み込むから利益率は下がるけど、台あたり売上は大きく増える。
グラデーションはあるが、どこまですり合わせがあるかが日欧で違うと聞く。
日本は個社・モデルごとに一緒に作り込んでいく形。逆に、欧州はスペックが明確に定義されてそれにミートしに行くように作っていくことが多いと聞いたことがある。
全部のケースがそうではないだろうし、強弱もあるだろう。それでもこういう違いで、何をどこまでモジュール化するかというのは変わってくると思う。そしてその両方の違いに対応するのが難しい(営業・開発がそれぞれ何をどこまでやるかといった業務・組織プロセスの違いや、それが他地域に行くなかでどれだけ柔軟かも背景にあるだろう)から、部品メーカーの完成車メーカーへの納入は地域性がいまだに結構残っていることが多いのだと思っている。
それよりマブチモーターとタミヤが組んでEVつくったら絶対売れるはず。
永守さんの博打が当たるか否か…実際には難しいと思います。
ここで理由は書けませんが…
どこと組むんですかね?
大英断。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.53 兆円

業績