新着Pick
226Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
先進国の介護や養育などケアワークを開発途上国の移民が担うことにより、その移民たちが我が子のケアが出来なくなっている問題について、トロント大学の教授にその解決策について聞いたインタビューです。ケアを世界規模で公平に分配ことは、今後の重要なテーマになるでしょう。
外国人のケア労働者が国内で働くことによって引き起こされる負の連鎖「グローバル・ケア・チェーン」の課題についての記事。
特にケア労働者(ケアエコノミー)に焦点を当てていますが、外国人に労働力を頼らざるを得ない日本は自国以外の視点を得るきっかけになりますね。

日本のヘルパーも、歴史的に見れば戦後の寡婦等に対する貧困対策がその起源です。ケア労働には性別役割分業などジェンダーの問題がいつの時代もついてきます。
日本も国内でケア・チェーンがあり、それを今は海外に求めているということです。

先日台湾で住込み家政婦として働くインドネシアの女性に話を聞きましたが、自国に子供を残しているとのこと。
他にも住込みなので雇主との性契約や農村部への花嫁契約など、暗黙の闇があることも伺いました。
これらの課題は日本が今後向き合うものかもしれませんね。

>ケアエコノミーに関する公共投資は、道路や橋、ダムなどの物的なインフラへの投資より、リターンが大きいことが分かっています。

個人的にはこの一文に惹かれます。ケア労働が社会に及ぼす費用対効果を述べているので、もう少し詳しく知りたい。

課題への取り組みとして、男性の家事参加、企業の働き方見直しなど挙げられていますが、よく聞くものですので一歩ずつ取り組むとしても、抜本的な改善にはもっとインパクトある策が必要ですが、道のりは険しいですね。
先進国では子供を持つことが高くつくようになったように、年を取ることが高くつくようになっています。いずれも、教育や介護のために多額の人件費を払わなければならなくなったからです。日本は質の高い公教育と国民皆保険制度があったので、この支出は抑えられてきました。これらが無い国は、米国を筆頭に格差が急拡大し、国民の大多数がこの支出に耐えられなくなっています。
 家庭が子供や要介護者のケアを確保するために、多くの国が外国人労働者を解決策としてきました。その結果、外国人労働者によるケアの国際相場は値上がりを続けています。マレーシアでは、フィリピン人を雇うのは高額なので、長らくインドネシア人を雇う家庭が多かったですが、その負担にも耐えられない家庭が多くなりました。次はカンボジアか、パキスタンからか、とも検討されましたが、うまくいっていません。もし中国が外国人労働者のケア市場への大量導入を本格化させれば、相場はウナギ上りになるでしょう。
 ケア労働者が本国に残してきた子供や高齢者へのケアがなおざりになる、というのは確かに大きな問題です。フィリピンなどでは、そういう家庭向けの比較的安価な寄宿学校が増えました。ただ、もしケア労働者が中国市場に集中する、ということに近い将来なれば、米国をはじめ多くの国は新たな措置を必要とするでしょう。日本のような国民総中流化を目指すか、あるいはケア労働者を確保するために格差を固定する階級制度のようなものが必要になるでしょう。
これは途上国だけの問題ではなく、日本の地方も同じ構造。若者は都市に働きに出て、田舎にはじいちゃんばあちゃんだけ残される。一部のたくわえがあるひとは、そこそこの施設でケアされるが、それでもまともな施設と労働力は足りてないから、コスパは消していいとは言えず、それなりの金を払っても、寂しく死を迎える。ボーダレスになっての人の流動性によってもたららせたものは多いが、それによって多くの課題も生まれた。
家政婦って結局所得格差によって成立している部分がまだまだ大きいということなんでしょうね。

留学時代にコスタリカのクラスメート住み込みの家政婦が"普通"と言ったのに対してスイスのクラスメートが"じゃあその家政婦さんにも家政婦がいるの?"と返したらコスタリカのクラスメートは黙ってしまった。

というエピソードを思い出しました。

中南米から欧州に留学できる家庭は相当に裕福なトップ1%クラス。こういう経験でコスタリカのクラスメートの視野が広がったんであれば良いですが。
世界の課題は玉突き人事のように余波を与えていくことがよくわかる。
この連載について
政治経済の話題に関する特別インタビュー