新着Pick
328Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
物流のUberという感じでしょうか。シェアリングエコノミーは使われない施設、余っている時間をすべて最適化してマネタイズすること。その意味でも注目される取り組みです。届け出した軽トラがあれば、誰でも収入が得られ、物流インフラにも人手不足対策にも貢献できることになります。少子高齢化の人口減少社会のデジタルトランスフォーメーション。その道筋を示してくれることを期待します。
すでにアメリカで始まっていた「アマゾンフレックス」が日本でも始まった。
日本の「宅配に関する法律・規制」があるので、以下のように限定的な委託となる。

「個人への宅配委託は、貨物軽自動車運送業の届け出がされた軽バン(黒ナンバー)を保有している20歳以上が対象。」
これ、家が密集している地域では、昔の町内会的な発想で、誰かが代表でその地域の荷物を受け取り、受け取りする人が自宅にいる時間をアプリで知らせて配達してもらうような仕組みでも作ればいいのに…とふと思ったりしています。
→もちろん、その代表者はそれなりの報酬をもらいます。

これから高齢化社会が進むと、宅配は増える一方なはず。
荷物の受け取りで、元気なことが確認出来て一石二鳥。
知らない個人の配達よりはずっとましだと思うのですが…
貨物軽自動車運送業の届け出がされた軽バンが条件で、2時間当たりの業務で4000円の収入との事。エリア拡大や条件緩和などの変化も今後起こりそうですね。
すでに海外で始まっている「アマゾンフレックス」を日本でもスタートしたようだ。物流の人出不足を補うためにも悪くない方法だと思う。すでにUberEatsなども普及して生きているので、個人が配達をすることにそれほど抵抗はないと思う。
担い手が完全に不足している日本では個人の労働力に頼らざるを得ない。宅配だけでなく、こういったシェアリングは他の領域でもどんどん増えていくのでは。
この為に黒ナンバーを所得する人は多いのかな。副業でやるにしても、高くなる保険料の分は稼がないと。
需要の多い都市部を中心に委託を拡大するのかな。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
97.3 兆円

業績