新着Pick
252Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国におけるデジタルトランスフォーメーションは凄まじい。
中でもスマートファクトリーは驚きしかない。
これを「Digital China」の掛け声の元、
国主導で進めているというのだから日本は厳しい環境です。
強いリーダーシップもなく、全体戦略もなく、
事業部門ごとに縦割って、部門毎の目標で年度単位で競い合うのでは
全体俯瞰したブループリントなど出てくるはずもありません。

これを解決するには.....当部門も議論を重ねているところです。
木を見て森を見ず、ということなのでしょうか。個別の機械などに対する品質管理やモニタリングでは世界に引けを取らないのでしょうが、俯瞰してみるというのは、業界問わず日本企業がどちらかというと苦手にするところで、今回のハノーバーメッセの展示でその差が明らかに出てしまったようですね。

今でこそ、セーフスフォースの様なSAAS型のサービスも広がりを見せていますが、ちょっと昔までは、個別の企業がそれぞれの仕様でメインフレームを使って開発をしていたために、ちょっとした改善で物凄くコストがかかる構造がネックになっていました。そして今世界の陣取り合戦は、標準化規格をどの国が(もしくは連合で)押さえて、そこの上に面のソリューションを展開できるのが主戦場になってきているとなると、政府も標準化については意識をしている様ですが、もっとそういった場に出向くことにも予算を持ち、"Seat at a table" 発言権を持つ必要がありますね。
日本企業の場合, 自社の強みは何か, までは良いが, それをどう活かすかの新規な発想に乏しいことと, 全体のシステムを俯瞰するのが苦手, というご意見, 同感します。

当方も今週はシカゴで製造•流通の自動化の展示会行って来ましたが, 欧州勢が元気です。日本勢でも, ファナックがベンチャーとの協業を積極的にやっているのはいい感じでしたが。
日本の製造業がフォーカスしているのが、結局は可視化や生産性改善などの現場目線に落ちており、欧州勢のような工場全体やバリューチェーン全体、産業全体向けのトータルソリューションにならないところが本質的な課題だと指摘してます。必読。
数年前のインダストリー4.0の温度感の差などはまさに。これは情報流通における議論になってしまいますが、キャッシュレスや仮想通貨や自動運転などは多くの人がコンシューマー感覚でも意見を言えるので、SNSなどでも空気感ができムーブメントになりやすかったのですが、法人向けIoTなどは手触り感が少ないのでどうしても発信量が少なくなり産業を後押しする空気感が生まれづらい。このあたりの分野の分かりやすいオピニオン量が自然と増えるようにするのはBtoB周りのイノベーション力の担保として必要だと思っています。
日本は下請け目線のみだとする分析。面白い。それがゆえに部品メーカーが勝ち残った面もあるのでしょうが。
とても重要な指摘だと思います。エコシステム全体、産業全体の未来をどうデザインしていくのか、誰がそれをリードしていくのかということですが、孫さんのご登場を待つ前にもっと多様な領域とスケールで、そのような発想で動いていくリーダーが増えていく必要がありますね。そのためには既存のオペレーション、個社最適の考え方と同調圧力の壁から抜け出して、外部の人達と一緒に社会起点・課題起点で考え行動していくことが重要です。そのような船の創り方、漕ぎ出し方自体、今の日本固有の状況を打破していくためのプロセスとして事例を創り出し、科学し共有していくべきと考えます。
全く同感。ほんとに良い記事ですね。やっぱりビジョンが大切なんだもん。
なるほどな良記事、メモ_φ(・_・

業績