新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は159円高で4カ月ぶりの高値となっています。
米国株は小動きだったものの、111円後半の円安に戻ったことを好感して、今朝の東京市場も70円高と小高く始りました。
前日に決算を発表したファーストリテイリングが上げ幅を広げ、今期減益決算の安川電機も朝安から切り返したことで、上げ幅をジリジリ広げる堅調展開となりました。
中国の貿易統計がなかなか出ず、ヤキモキさせられましたが、結局、未確認のまま高値圏で引けています。
指数寄与度の高いファーストリテイリングやソフトバンク牽引の上げで、TOPIXはわずかにマイナスで5日続落でした(値下がり銘柄数の方が多い、値嵩2銘柄で220円押し上げ、NT倍率が急伸、因みにTOPIX先物売り手口は連日のバークレイズでなるほど感)。
週を通せば63円高で続伸、前週の新元号に続き、今週は新紙幣発行が発表され、日銀の連日のETF買い等で底堅く推移しました。
来週はワシントンで日米貿易交渉が始まる他、国内の貿易収支、中国のGDPや月次の経済統計が出るほか、米小売売上高や米企業の決算発表も増えて来ます。
今週付けられなかった22000円に何が足りないか、探る事になりそうです。
日経平均+0.73%、TOPIX-0.07%、マザーズ-1.37%、REIT+0.09%。
ファストリ+7.89%とソフトバンクG+4.89%がともかく効いたという感じで、むしろ相場全体を表しているのは当たり前だが時価総額加重のTOPIXのマイナスの方だと感じる。
業種別には情報通信+1.23%、その他製品+0.96%、サービス+0.71%、保険+0.48%、輸送用機械+0.46%など。マイナスでは石油石炭-2.35%、鉱業-1.73%、医薬品-1.71%、建設-1.00%、水産農林-0.90%など。
個別ではパナ-2.75%(ギガファクトリー含めてTeslaへの傾注度低下)、ソニー+1.46%など。マイナスではローソン-12.21%(昨日決算、実績・予想は自市場予想に対してそんなに乖離はなかったと思うが減配を嫌気)、大和ハウス-5.55%(住宅での建築基準不適合)、リコー-3.09%など。
日経平均株価は続伸、TOPIXは続落とまちまち。日経平均株価の上昇は寄与度の大きいファーストリテでほぼ説明がつく一日。記事にあるように東証1部の騰落数は値上がり809に対し、値下がり1,219と負け越し。日経平均株価続伸の一方でTOPIX続落ですから、NT倍率は13.62倍と当然に跳ねています。相場つきが良いわけではないので、目先ひと伸びしたとしても、改元に伴う10連休が視界に入る中、そうなった場合は後が怖いように思います。引き続き個人的には国内の株価指数は引いた目で慎重に観察。一先ず今週もお疲れ様でした!
株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。産業用ロボットで世界シェア第4位である。 ウィキペディア
時価総額
1.04 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.92 兆円

業績