新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5000億円はすばらしい。
中国でEC化率が20%は決して高くなく、ユニクロの商品タイプを考えるとまだまだ伸び代がある。

経営体制も日本を良く知る社歴も一定以上ある中国人のチームが行なっており、業界的にもIT企業と違ってグローバルなサプライチェーンが重要でトップ層の雇用の流動性が低そうなので、当面堅そう。

巷のファクトに基づかない中国の憶測より、こういう企業の決算情報を見る方がよっぽど正しいですね。
この記事を読んで、2019年3月19日付けの『エコノミスト』誌を思い出す。
中国大失速と特集を組んでいる。
https://weekly-economist.mainichi.jp/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%A4%B1%E9%80%9F/
ユニクロはこれから中国ではどうなるか、たいへん心配する。
『エコノミスト』誌はこの数年、ときどき中国崩壊関連の特集を組んでいる。
今度こそ願う通りの崩壊がやってくると同誌は深く信じるはず。
なのにユニクロはこれほど成功する。
どっちが正しいか。全く判断は出来なくなる。
2000年代前半に上海や北京に進出したころは、「価格が高い、金持ちは有名ブランドしか買わない」等々、散々聞かされました。今、中国人でユニクロが高いなんて言う人はいませんね、隔世の感があります。

売上の5000憶円も凄いが、何と言ってもSPAとしてそれだけの製造と管理ができているのが凄いですね。

成功要因の分析はさておき、次に来るのは日本でも起こった「飽きられることへの対応」、「季節商品の生産量の見込み違い」、「どこから起こるかわからない風評被害」そしてしばらくはないと思うが「日中関係悪化リスク」などで、ユニクロも全然安閑とはしていないと思う。
国内ユニクロが半期で5000億弱のようなので、中国事業が日本の半分くらいまで来たということですね。日本は成熟なのでまだまだ伸び余地がある中国事業が逆転する日も来るかもですね。何と言っても権限委譲をしっかりとして中国ブランドになっているのが素晴らしいですね
6つとも納得できます。EC戦略は日本でもすごいなと思ってて、改めて商材とECの相性の良さを感じています。失敗しない安心感があるから。
商品開発力は凄まじいと思います。
ユニクロを見ていて、本当の「ブランド」だと思うことが幾度もあります。ブランドの条件として、多くの人に覚えてもらい、気にかけられ、さらに信用されている。この三大条件は言うに及ばず、ユニクロ発の情報や仕掛けに思わず期待してしまい、そんなユニクロに来てほしいと多くの自治体や事業者がラブコールを送る。最後の点は、「一般庶民のための、格好いいブランド」という難業を成し遂げたブランドだからこそ得られる結果でした。この五大条件が、ユニクロを延々と成長させ続けています。

かつては「伸び悩んだ」こともあるユニクロ。あれはちょうど、商品立脚型からブランド起点型に変貌する過渡期だったと思います。一見矛盾する、廉価品とブランドを両立させたのは、決して簡単なことではなく、とても驚きました。さて、今のユニクロは、本稿にもある通り、新しい挑戦をしています。オンラインとオフラインという一見対立する概念を、ユニクロ流の処方で、融合させようとしています。店舗を倉庫にするだけだったら、誰でも思いつくことですが、オンラインデータから出店戦略を考えたり、オフラインをアフター対応の拠点にしたり、店舗人材を活用し配送・管理コストを抑えたり、ブランディングやら経営効率やらで、トータルの取り組みができている点に、ユニクロのすごみがあるのだと思います。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.35 兆円

業績