新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3月FOMCの議事要旨が示唆するように、FRB自身が、米国経済は当面は潜在成長率近辺で推移すると予想し、しかも、現状の政策金利が中立付近にあると理解している以上、記事が指摘するような回答結果が得られるのも当然だと思います。

しかも、中国等の政策対応の恩恵を受けて本年後半に景気のモメンタムが多少改善したとしても、年初来のコミュニケーションを通じて、FRB自身が利上げ再開に対するハードルを引き上げているため、余程のインフレの加速といった例外的な事態が生じない限り、当面は利上げは現実的とは思われません。

2021年まで展望するのであれば、むしろ利下げのタイミングの方が重要かつ適切なテーマであるように感じます。
2021年末とはかなり先ですので、井上さんがコメントされているように、利下げが先にくるように思います(もしくは景気が持ち直して利上げ)。