新着Pick
97Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
レオパレスのプレスリリースによると、39,085棟のうち判定済みが20,285棟で不備ありは7,085棟と読めました。記事の14,000棟と差があるので、そこの理由は別な意味で気になります。

不備の7,085棟の内訳は、小屋裏全体に界壁が無い(1,328件)、中間階床(天井裏)に界壁が無い(564件)、小屋裏一部不備(2,640件)、中間階床(天井裏)一部不備(1,126件)、軒裏のみ界壁が無い(499件)、軒裏一部不備(928件)、と発表されています。

どの不備も消費者側からは外観で確認できない内容であり、プリンシパル・エージェント問題で言われる情報の非対称性が要因にあると思います。市場に任せた結果の社会問題と認識し、政府が介入しての是正が重要な案件だと思います。
調査を終えた約2万棟のうちその7割を超える物件に不備があったとのこと。
そのほとんどが施工不良だったということになります。
まだ調査を行なっているようですので、今後まだ増える可能性は十分にありそうです。
まぁ不正施工もセットの商品なのですから。
ひどいね〜〜
刑事事件ですよ、完全に。
ちゃんと建てた物件もあるんですね。
株式会社レオパレス21は、東京都中野区に本社を置く日本の大手不動産会社。 ウィキペディア
時価総額
593 億円

業績