新着Pick
1313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IBMのロセッティCEOは、ホワイトカラーでもブルーカラーでもない「ニューカラー」に期待している、と言います。

箔付けとしての学位でもなく、豊富な経験もなく、熟練の技もないが、今、産業界が求めるデジタルスキルがある人間。それがニューカラーです。

学歴どころか、もしかしたら経験そのものの価値もなくなるかもしれない時代、重要なのはデジタルスキルを「学ぼうとする姿勢」。そして実際、ロセッティCEOはIBMでもっとも勉強している人は誰か? 学ぶ姿勢があるのは誰かをデータを駆使して探し、ごっそり、最新職種に異動させたというから面白い。是非お読みください!
「ニューカラー」は、IBM・CEOのジニー氏が2016年にテックにおけるミドルスキル・ジョブを意味するものとして使った言葉。ホワイトとブルーの中間に位置付けられます。

今年1月に米ラスベガスで開催されたCES初日最初の基調講演に、彼女が登壇してました。その時も最後の方で少しニューカラーの話をされてました。

「IBM P-tech school を開講している。無償で、現在200人の高校生が参加しており、準学士号を取得できる。今は必ずしも学士号を持つ必要がなくなっている。」

学士号よりもスキルというのは、IBMだけではなく他のテック企業も程度の差はあれ取り入れている考えです。

2016年末に北京で開催されたGlobal Education Technologyという教育カンファレンスでは清華大学の先生が登壇され、その際「Google社員の内14%は学士号を持っていない」との発言もありました。

ジニー氏が言う「好奇心が大事」は、他の経営者だけではなくアカデミックでもそれを唱える人は多いです。Intellectual Vitalityを重視する学術機関、企業もありますね。つまり、学びに対して心から喜べるか、その学びをどう実際の場で責任を持って活かそうとするかなどの力です。

IBM P-tech school:
https://www.ibm.com/thought-leadership/ptech/index.html
マーケティング業界の仕事はすでに「変わってしまった。」し「変わり続けている。」
今や、リアル接点はデジタル接点を強化する手段に過ぎなくなっている(アフターデジタル)。物を所有する概念より経験のマネジメントが商品になっている(CXM)。経験は商品を使う経験を指すのではない。顧客が自分の望む生活を送る中でそに経験を行い、その際に偶然物が使われることもあるのだと思いマーケティングを考えないといけない(カスタマー・セントリック)。だが、使っている人がそのモノを所有しているとは限らない(シェアリング、サブスクリプション などなど)。

というわけでそもそも商品(モノ)を売ることを考えていては立ちいかない。経験のマネージメントを考えて、マネタイズのモデルを考えなければいけないのだ(カスタマー・ジャーニー)。売り物は本当にモノではなくなってしまっているので。そしてこれからもどんどんその方向性は強化されていく。モノのポジショニングなんて考えても仕方がない。モノは経験の一つの彩りに過ぎない。

少なくともこのことが概念としてわかっていないとホントそろそろ仕事にならない。加えてそのマネジメントには想像力、共感力、そしてマーケティングのシステムツールを使いこなすスキルが必要だ。さてこれを教えてくれる所はどこだ?
今の、過去の知識から導き出された(論文にできる)ことを教えるスタイルの大学では確かにないだろう。
「大学に通う必要はない」
このような批判や意見や提言には関係者として内省し改善・進化して行かなくてはと思います。

が、大学の価値は講義や学位の提供だけではないと思っています。最大の価値はむしろ、場と環境の提供。同じ志を持った仲間やライバル、先輩・後輩、教員が集まって切磋琢磨した経験とそこで得た人脈が一生の財産になる、と感じることは多いです。また、逆に全く異なる分野の人がすぐ近くにいて質問したりコラボできたりすることも重要。それができるならその場が「大学」である必要は特にないとも思います。

下記を始め多くの方が同じことをおしゃっていると思います。

3 一流の人が集まる場に行くことで、一流の人脈ができる
https://www.akiradrive.com/harvard-john-moriwaka-1/#i-2
知識やスキルの陳腐化が速いので、常にアップデートする「学びに向かう力」が圧倒的に重要になります。

学位の取得は探究の作法を磨く意味を持ちますが、学歴に過ぎないので、学位取得で磨いた探究力で現在何をしているのかがなければ価値になりません。

学歴よりも学習歴、ストックではなくフローで捉える必要があります。
学位が物言うホワイトカラーでもなく経験産物であるブルーカラーでもなく、新しくかつアカデミックが追いつけないデジタル領域のスキルをIBMが認定し、Linkedinに掲載してよい、それにより社会の新しい層『ニューカラー』に就労機会をもたらす。
なんて太っ腹な!巡り巡ってIBMに還元されるでしょう。

AIにより仕事がなくなる、でなく仕事の仕方が変わる。という解釈はもうスタンダードになりましたね。
テクノロジーの進化、社会の大きな変化に適応するためには、どれだけ柔軟性を備えているのかが問われるのだと思います。

一般的に年齢とともに好奇心も柔軟性も低下すると言われますが、年齢に関係なく、変化や未知なものを楽しんで受け入れるようなマインドを備えていないと、これからの社会に適応していくのは難しいのだと思います。

いくつになっても”未知との遭遇”を愉しめるようなマインドを持ち続けられるようにしたいと思っています。
“学びを楽しみ自らをアップデートする人”の需要が益々高くなるのは明らかですが、日本においては、“雇用を受け入れる企業側のアップデート”が重要だと思います。

日本企業はメンバーシップ型の雇用や学歴重視な傾向ですが、そこから変革が遅れると、ニューカラー人材は早々に海外に出て行ってしまうと思います。

日本でも、AIドリブンのHRやジョブ型雇用の促進でニューカラーに魅力的な環境を用意し、彼らが活躍をする好循環を早く構築する必要性が高いと感じます。
急速に進化する領域では従来型の学校では間に合わない。eラーニングによる効率的な学びがカギになる。本文中にもあるが、このようなコースを修了した際にLinkedInプロフィールに「デジタル修了書」を載せることもできる。自身をアップデートしないと生き残れない時代において、しっかり自身の価値を示しておくことは今後さらに重要になるだろう。
「人はもっといい仕事がしたい」そのために、AIに期待する。その通りですね。

例えばコールセンター。AIがオペレーターに代わるのではなく、AIが適切な回答を瞬時に画面に表示してくれる。よって、顧客に喜ばれ、オペレーターもハッピーになる。

ニューカラーの時代に向けたデジタル教育のススメは、日本電産の永守氏の京都先端科学大学構想に似ている。先進的なトップは今の教育のあり方ではダメだと、自ら若手の育成に乗り出しています。
この連載について
2019年4月1日。働き方改革関連法が施行。長時間労働に罰則付きの制限が入り、高度プロフェッショナル制度が一部に適用されることになった。専門職大学が設立され、リカレント教育(大人の学び直し)の必要性も叫ばれる。一方、自動化、無人化、AIへの移行などにより、雇用と労働のカタチは劇的に変化している。シェア経済が台頭し、パートタイム労働が増え、正社員と非正社員の意味を再定義する時代に突入。我々は「まだ存在していない仕事」に就くための準備を進めておくべきだとも言われている。そんな先が見えない時代に必要な普遍的なスキルとは? 識者とともに、仕事の未来を占うと同時に、フューチャースキルについて考察してゆく。
IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績