新着Pick
474Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
12カ月連続売上高が減少している要因のひとつは、決済手段がCash Onlyだからではないでしょうか。サイゼリアへ行くためには、ATMで現金をおろしてから行くとい手間がかかる。その時間と手間がもったいない、と思う人もいる。

美味しく食べたいと思うレストランで、汚れた現金のやりとり。その手で食材を運ぶ。(新札以外は結構バクテリアに汚染されている:オックスフォード大学調査では、ユーロ紙幣に平均26,000個のバクテリアが付着しているそう。これはつり革より汚い)

そういう意味からも、決済手段の多様性を受け入れた方がいいのではないでしょうか。キャッシュレスはオペレーションコストも下がりますよ。
投資家を説得するには、このポジショニングを貫くことかと思います。シェフなし包丁なしコンロなしオペレーションでの徹底した低価格。この人材難の中で、ライバルたちのポジショニングはサステイナブルではなく、彼らはもっともっともっと価格を上げざるを得なくなる。その時にサイゼのポジショニングはさらに光りまくる。粘って生き残れば必ず勝てる。と思う。
記事より
「「一番増やしてはいけないのは、原料の種類です」(堀埜社長)
原料の種類を増やさず、カットの仕方を工夫し複数の料理に使うことで、極力捨てる部分を減らす。それが効率化を促すというが、それでは他のチェーンとあまり変わらないのではないか。」

記者は、サイゼリアの工夫を「ほかのチェーンとあまり変わらない」と論じている。

しかし、サイゼリアは徹底している。

原料の種類を絞ることで、コアとなる原料が見えてくる。イタリアンだから、それは、トマトやレタスやほうれん草だ。

サイゼリアは自社農場や工場をもち、コア原料を自前で育てている。いわば、外食界の製版一体型、ユニクロだ。
育てるだけではない。種の開発、品種改良から行なっている。

https://www.saizeriya.co.jp/corporate/effort/factory/seed.html

上記の記載では、
「実質的な可食部分は200~300g、サラダ2~3皿にしかなりません。
1玉のレタスにはどれも「芯」があり、「芯」を取り除く作業を考えたら、
1玉から2~3皿分しか取れないのは効率が悪い。もっと大きいレタスが欲しい。大きくなっても食感はシャキシャキと柔らかく、味のあるレタス。そして1玉から5~7皿分は取れるレタス。50皿のサラダをつくるのに、25玉使うのか、10玉使うのでは効率が全然違います。
世の中にはないレタスだから、自分たちで種からつくるしかなかったのです。」とある。


ここまでやるには、トップ経営者の社長の、パラノイア的とも言えるこだわり、情熱が必要。

それは、代替わりで受け継げないことを、本能的に社長は理解している。
だから、「自分が社長を辞めたら値上げするかもしれないな」と思っているのである。

ミラノ風ドリア、私も好きです。笑
メニューの値上げはしないかもしれませんが、サラダとかのボリュームは大幅に減りましたよね。大きなサラダをオリーブオイルドレッシングで食べるのが好きだったんだけどなぁ。

単価低い分、食べ物頼まないお客様はピーク時にご遠慮頂く位ならやっても良いと思いますけどね。土日の昼時とか、ドリンクバー頼むだけで4人くらいで永遠とSwitchやり続ける小学生とかかなり多い印象です。彼らが居るために家族連れが店の外で待つことになる。

兎にも角にも、小さい子供が食べられるメニューが豊富で、結構良いワインをボトルで頼めて、ワインに合うつまみが豊富で、どれもこれも激安なサイゼリアにはこれからも通うと思いますので、頑張って欲しいところです。

キャッシュレス云々をコメントされている方がいますが、我が家最寄りのサイゼリアは普通にカード決済できるのですが、これって珍しいみたいですね。まぁ、キャッシュレスユーザーの層とサイゼリアの顧客層が違うのでしょう。キャッシュレスユーザーの増加に合わせて変わると思いますよ。
消費税率の変更にともなう対応が各業界・各社でどうなっているのか、NewsPicksでぜひ取材してほしい。
税込総額を上げないと実質値下げになりますが、「安さには理由がある」から、安ければいいというものでもありません。
消費増税のタイミングで税込総額を上げない企業がどれだけあるのか。そこに勝算はあるのか。気になっています。

「サイゼリヤの価格表示は、内税表示だ。つまり、メニューの値段には消費税が含まれている。ということは増税のタイミングで価格が据え置きとなると、実質2%の値下げとなる」


◾️追記
小見出しが「値上げトリガーは「9月の消費増税」」ですが、本文で「2019年10月の「消費税増税」」となっています。
圧倒的なプロダクトアウトカンパニーは、絶対的価値で
勝ち続けなくてはいけない。

価格がアップしたり、色んな商品を取り揃えたり、色々やると
お客様の参照点が増えて、目が外に行くようになるからだ。

アパレル業界で言えば、しまむらに近い。

安さと美味しさでどこまでいけるか?
これからが踏ん張りどころですね。
サイゼリヤの価格の原点は、創業をしてお客様が入らなかったときにともかく値下げお客様を呼ぶ実験をしてみたところ(①)。そしてそれと経営を両立させるために、効率的なオペレーションがある。冒頭の発言は、その原点というか、サイゼリヤの根幹の思想を表していると思う。
一方で、多少値上げしても、コスパは圧倒的。それはやはり効率的なオペレーションがあるし、またそれが経営の根幹としてDNAとなっているからだと思う。コスパ訴求の中で値上げした例として印象的なのは「ガリガリ君」(②)。値上げをお詫びする広告も話題になったが、値上げしたといってもコスパが良いという効用もブランドも変わらない。オペレーションやコスパを追求する会社の競争力は強いと感じた事例だし、それはニトリやファストリもそう。
そういう意味では個人的には値上げもしていいのではないかなぁとも思う。
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO3822999027112018000000
https://newspicks.com/news/3515064
サイゼリヤのこのメニューを絞って味とコスパの限界に挑戦する飽くなき企業努力のお陰で、数々のファミリー、受験生、大学生、子連れのママが救われている。
イタリアン大好きですが、自分も仕事関連のディナーはリストランテやトラットリアですが、週末子供とのファミレスは必ずサイゼリヤです。
この企業は味だけでなく経営理念と戦略がブレないところもファンになってしまう所以ですね。
昨日もランチでサイゼにいきました。サイゼファンです。

ランチはサラダがついて500円のセットがあるのですが、サラダがコールスローに変わって、ボリュームが減ったように感じました。

最近なんとなくコストカットが良くない方向に行ってるように見えるサイゼ。踏ん張ってほしいです。
経営者に信念があると感じますね。キャシュオンリーなのも、手数料分の売上が減るからですよね。

ちょっと試算してみました。決算発表資料に依ると、国内の年間売上1194億円で、カード手数料もサイゼリヤ程度の規模であれば、3%よりは安そうですから、2%だとして、1/3の人が使うとして、8億円程度のマイナス影響がありそうですね。

ですから、そのマイナスをカバーするくらい客が増えるか?がポイントです。決算発表によると、平均単価は、730円。営業利益率が4%ですから、素人のざっくり計算で、8億円÷4%÷730円で、2740万人の客が増やせるか?と言う試算かと。年間利用者が延べ1.64億人で、17%の客数アップが必要ですね。カード設備の導入コストは入っていませんから、これ以上に増やせるか?を考えないといけません。キャッシュレスのみにするのであれば、現金の管理コストを減らせますが、現金は残るので、管理コストが減ることもありませんね。

などなど考えて、カードを導入していないのでしょう。

もちろん、1ユーザーとしては不便なので、早く導入して欲しいです。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社サイゼリヤ(英語: Saizeriya Co,. Ltd.)は、イタリアンファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」を運営する企業。「サイゼリア」と間違えられることもあるが、正しくは「サイゼリヤ」である。 ウィキペディア
時価総額
1,280 億円

業績