新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去一年の株価上昇率がウォルマートとターゲットが共にAmazonを上回ったとも報じられていました。
https://newspicks.com/news/3753300

「消費者はオンラインで注文し、近隣の店舗で商品を受け取ることで時間を節約し、配送料を節約している」のだそう。拠点の多い小売店は有利ですね。

もう少し前にはアマゾンが米国内87カ所で展開しているポップアップストアの全店を閉鎖するとも報じられていました。
【アマゾン、ポップアップストア全店閉鎖へ】
https://newspicks.com/news/3725892

また、ウォルマートはゲームのストリーミング事業への参入の可能性についても報じられていました。
https://newspicks.com/news/3766020
Walmartの効率化投資が進んできている。下記は2018年の同社のブログ記事で、動いている姿も見える。本記事の写真だと乗る部分があるのが見えるが、併せて黄色いテープも張られている。基本的には設定をしたら自動で動く模様(人間も乗ることができるのだとは思うが)。
元々Walmartはテクノロジーの会社。POSも早くに導入し、また物流網の強さが障壁。POSも物流も、どちらもテクノロジー活用の歴史。
https://blog.walmart.com/innovation/20181004/youll-never-believe-whos-scrubbing-the-floors-at-walmart
ウォルマートはVRを使った従業員トレーニングなど、テクノロジー活用と人間による対応の双方の視点がしっかりある印象。
時代に合わせて変化していく姿(対応していき戦っていけるか)は引き続きウォッチしたい
レジ・棚卸・発注・物流など、どうしても人手がかかりやすい領域に対し、「在庫管理ロボット」「床清掃ロボット」「検品ロボット」をより導入とのこと。どんどん加速して欲しい領域ですね。
過去一年の株価上昇率がウォルマートとターゲットが共にAmazonを上回ったとも報じられていました。
https://newspicks.com/news/3753300

「消費者はオンラインで注文し、近隣の店舗で商品を受け取ることで時間を節約し、配送料を節約している」のだそう。拠点の多い小売店は有利

クリック&コレクトによる売上反転に続き、店舗業務の大幅効率化。ウォルマートは立地を持った小売り企業の生き残り方のお手本のような動き。
クリック&コレクトによる売上反転に続き、店舗業務の大幅効率化。ウォルマートは立地を持った小売り企業の生き残り方のお手本のような動きですね。ただ、この規模で機械に設備投資が出来るのも儲かってる企業でないと難しいし、大規模店だから出来る部分はもちろんあるので、各社ごとにやり方は違ってくるとは思います
ウォルマートはウォルマートらしく顧客を定義して顧客のために一番良いと思われることを実践してると感じました。
人があまりやりたくない仕事や単純作業はテクノロジーを活用し、顧客へ付加価値の高い仕事に人のリソースを振り分けるのはとてもいい流れですね。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
95.8 兆円

業績