新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時系列の変化とか、メガ化した大企業の浮かばれない契約社員と正社員を一緒に語る事の無理とか、色々前提への疑問はありますが、総じて実態を反映しているように見えます。

ただし、肝心のタイトルの根拠数字が間違ってます。48%ではなく41%。
それでも、やっぱり世界中のお金と知が集まってるのがシリコンバレー。VCマネーだけでも世界の1/3がシリコンバレー、1/2以上がUS. YComなんかも最近は新興国のスタートアップ(オペレーションはもちろんUS外)が採択されるケースも。つまり、お金がつまるところに人も集結し、事業が磨かれる。私もちょいちょいUS本社のインベスターとテレカンしますが、経験値のレベルが違うのでどんどんブラッシュアップされる。そしてカフマンアカデミーはじめとした投資家の多くが同地で修行を積み、世界中に散らばる。シリコンバレーマフィアみたいなイメージですかね。深センが伸びてもシリコンバレーのこのカルチャーは簡単には崩れないと感じますazs.
先日のコラムでも書きましたが、シリコンバレー”だけ”ではなくなってきているのは確かだと思います。選択肢が増えて、世界は広がってきただけで、それでもまだシリコンバレーが強いところもあればそうでないところもある、というだけかなと・・。
シリコンバレーに関する最近の記事ですと、下記がとても興味深かったです。
【「ここはシリコンバレー」とあるGoogle社員が感じた影】https://newspicks.com/news/3734208
シリコンバレーの対抗軸となる拠点を日本にも作れないかと始めたのがポップ&テック特区CiPです。クラスター連携していけば魅力的な地域ができますよ。少なくともSVよりおいしいものは食べられる。
テックでは若い人が集まらないところは必ず衰退する。このまま行けば100%深センなどの中国の若い都市に抜かれると思う。
単純に不動産や生活費の高騰で住めなくなったという理由が大半でしょう。

あと、本当にシリコンバレーで能力を発揮できる人の人数は多くはありません。
分散型のチームが必要ですね。