新着Pick
686Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
よく「歯みがきのような習慣化するサービスでないと伸びない(toothbrush service)」といいますが、ライドシェア(移動)もクラウドキッチン(食事)も毎日の習慣。そして市場規模が巨大。良い市場に目をつけたと思っていました。Uberとは競合ではなく、UberEatsとは補完的関係にあると、かつてUber現CEOのダラ氏も言っていたとおり。ライドシェアによって人やモノの「移動」というハードルが下がった先にあるサービスがクラウドキッチン。Uberでの原体験に基づくものだと思います。

ちなみにトラビスはUberを共同創業したのが3回目で、これで4回目。あれだけ世間から叩かれても不死鳥の様に復活する起業家のエネルギーもさることながら、こうした再挑戦を快く受け入れ支援する西海岸ベンチャー生態系の成熟度も素晴らしいと思います。
プロップテック、不動産まわりのイノベーションは今確かに最も熱い分野の一つ。ラージスペースで旧態依然で非効率故のイノベーションマージンが大きい。

但しカラニックの動向については新情報はほとんど無し。なぜ今この特集なのでしょう。。
1年以上前のコメント再掲
https://newspicks.com/news/2873135?ref=user_143212
オンラインフードデリバリーやクラウドキッチンなどFoodtechスタートアップは、米国では昨年、総額5,000億円を調達したとも言われている。(日本全体のスタートアップ資金調達額より大きい、、)
先週も、オフィス向けケータリングマーケットプレイスのezCaterがユニコーン入りしたりと、注目の領域。
テクノロジーにより進化したデリバリーインフラ。新たなインフラに最適化した食事体験を提供するスタートアップは今後、増えてくるのではないでしょうか。

Travis Kalanick氏のテクノロジーの変化で産業構造が変わる領域とタイミングを検知する力、再現性があるだけに、努力か才能か、気になりますね。

参考記事
https://techcrunch.com/2019/04/01/online-catering-marketplace-ezcater-gets-another-150m-at-a-1-2b-valuation/
捉えているチャンスは「1つのキッチンで6つの〜」に近いですね。
https://newspicks.com/news/3804471/

冷静に見てみると、東京でよく見るキッチンカーとか移動販売と考え方は同じで、土地代をかけず、必要な時間に、ターゲットになる人が多い最適な場所に店を出す、と。これをシェア方式でやる、と。

そうすると昼はオフィス街、土日と夜は住宅街、と切り替えるだけでなく、「どの辺りにどういう食事の傾向を持った人が、何時頃にどれだけいるか」というリアルタイムな情報が重要に。中国だとこの情報を1番持ってるのが美団(Meituan)になりますね。

こうした人の嗜好性×リアルタイムの生活行動データをどれだけこの会社自体が持つことができ、ソリューション化出来るかが鍵になりそうです。

両方2018年3月なので、今どうなってるのか気になりますが、、、
この前のUber Eatsの記事にもありましたが、キッチンスペースのシェアは、これからもっと伸びそうです。それがUber Eatsとも連携しているというのが皮肉でもありますが。

単なる空きスペースの活用から、さらにその先をどう作るのかこれからの動きも注文ですね。
トラビスが強いのは、その資金力や経験に加え、人脈、それも直接採用に繋がる信用できる人を知ってる点ではないでしょうか。記事にある通り、世界中で活躍するUberマフィアを新事業のトップとして招聘し、Uber的横展開をしていく。とにかくグロースがうまい起業家なのだと思う。
宅配に特化した飲食店が増えてきているという報道がちらほらありますが、それ向けの貸し出しキッチンの運営というのはまだまだニッチでしょうが面白いですね。
飲食はもともと開廃業の回転が早いですが、大きな投資をせずに開業できるこの手のサービスが出てくると、家庭にいる料理が得意な人が時間限定で参入するなどもできそう。また、まず立ち上げはこのサービスを使い、軌道に乗りそうなら自前の拘ったキッチンを作る、というインキュベーション施設の役割も果たしそうです
Uberを事実上追放されたトラビス・カラニックが、いま静かに動き始めています。次なるユニコーンを生み出すのか、来月からはお隣韓国でも事業を開始するということで要注目です。
シェアリング発想で不動産という資産を活用する。地価が高騰している時には、有効に働くかもしれない。

企業統治という面からみると、CEOの資質が問われる。これまでの行動を反省したのか、新たなステップを踏み出すために何を変えたのか。気になるところです。

金にモノをいわせる金権主義は、長くは続かない。
Uberを追放されても、飽くことのないアントレプレナーシップ。このエネルギーが凄い!!
この連載について
日々のニュースについて、プロピッカー、専門家、記者編集者がコンパクトに解説。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.99 兆円

業績