新着Pick
247Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
弱い者、道から外れたものを切り捨てないマインドには学ぶものがあります。(昨今は特に感じます)
例えばマスコミもある意味大きな影響力がある故、
この記事にある集団から外れてしまった羊一匹を思いやれるかが大切だなと。

自分がサーブできるものは限られていますが「サーバントリーダー」を目指したいし、息子に対してもそうです。
一人がサーブすれば、もしかすると他の人もサーブして
「与え合いつ」その輪が広がる最強チームにも。
7日に1回を日曜日として安息日にする、という元々ユダヤ教の戒律だった制度をほとんど世界中に広げただけでも、キリスト教の影響力は絶大です。キリスト教の影響は、文化、社会に多岐に渡りますが、その多くは元々ゲルマン人であるヨーロッパ人には違和感のあるものでした。
 イエスというのもナヨナヨした新興宗教のリーダーというべき人で、たとえばヴァイキングのような目に見える強さを常に示さねばリーダーとは認められない、というような価値観とはずいぶん違います。
 ヨーロッパの歴史は、ギリシア・ローマとゲルマンの社会があったところにキリスト教が持ち込まれて、相克しながら変化してきた歴史でもあります。キリスト教はユダヤ人の歴史でも、ギリシア、ローマの影響が強くなった時期に現れました。マケドニア人によるセレウコス朝、次いでローマによる占領下で、ギリシア思想の影響が強まりました。プラトンによる霊魂論の影響を受けたエッセネ派と呼ばれた人たちがユダヤ教の中で増えていた時期にイエスという人も彼の一派を立ち上げました。
 キリスト教がヨーロッパに広まったのは、その初期にパウロという人の働きが無ければありえなかったことです。新約聖書の相当部分の書き手であるパウロは、ユダヤ人とはいえ半分以上ギリシア人のような人でした。彼がギリシア語で書かなければ聖書も広まりにくかったでしょう。パウロの最大の発明は、「聖霊」という概念をキリスト教の中核に据えたことです。人間は肉体という物質と霊魂から構成される、霊魂は不滅なものである、というプラトンの説に加え、人間には教会と洗礼を通して神から聖霊が与えられる、という構図を広めました。これが大当たりして、洗礼を受ける人がローマ帝国東方で増えました。
 聖霊が与えられることで人間は神から何が正しいのかという知識と使命を与えられる、それが人間の最も重要な資質である、という考え方は価値観と社会の制度を激変させました。ヴァイキングの王であるよりも、聖霊に導かれていることこそ2千年の間ヨーロッパのリーダーの最重要の用件でした。
リーダーの条件とは、シモベになること。チームメンバーのために、働きやすい環境を作ることもそのひとつですね。

国を動かしている政治家は国民のシモベ、シビルサーバントであるべきです。崇高なビジョンを抱き、奉仕しつづける誠実さが求められます。

収容受刑者の足を洗うローマ方法の写真は、感動的です。
ちょっとそれますが、ハワイでは今週の金曜(グッドフライデー)がState Holiday なんですよ 幼稚園から大学までお休みです ちなみに日曜日には教会に行く方々が多いミシガン州でもHolidayではないのですよ
「リーダーになりたいと思うんだったら、みんなの僕(しもべ)になりなさい。偉くなりたいなら、みんなに仕える者になりなさい」ともイエス様は言っています。

ホント、そうですよね。カッコいいリーダーって、私の中ではこうですね。

最後の締めくくりの言葉「戦略を考えるのはあくまで神様ですからね」もステキです。私もこんな感じで考えています♪
「サーバントリーダー」というのは聖書にも書かれているというのは面白いです。

コンサル時代に「マネージャーは部下より偉いわけではなく、ただの役割分担だから」と教わりましたが、文化的にアジアにはなかなか浸透しづらい。(いわゆる「権力格差」)。

アジアには目上、目下というのが存在し、幼少期から家庭や学校で教え続けられる。例えば医者も教師も本当はただの職業であり価値交換の相手に過ぎないと思いますが、「先生」と敬うべき、という規範を基本的には我々は教わっている。

日本ではだいぶ変わりつつありますが、東南アジアとかインドでサーバントリーダーをしようと逆にリスペクトされないことがあります。ちゃんと意図や趣旨をコミュニケーションすることが大事。

*****
ふざけ 「リーダーになりたいと思うんだったら、みんなの僕(しもべ)になりなさい。偉くなりたいなら、みんなに仕える者になりなさい」ともイエス様は言っています。
──ビジネスでも、「サーバントリーダー」という言葉がはやっていますが、聖書が出典ではないでしょうか。
横坂 以前、ボストンにある大学(バークリー音楽大学)に通っていたとき、プロデューサー論の講義で「いいリーダーとはサーバントである」と教わりました。
例えば、みんながイライラしないように、スタジオにドーナツを用意しましょう、など。そういうサーブもリーダーの仕事ですが、それはアメリカがキリスト教国だから自然とそういう話になるのです。だから、キリスト教国でない日本にサーバントリーダーという言葉だけ輸入しても難しいでしょうね。
日本だと「なんで部長が部下のお茶を入れるの?」となるでしょうが、聖書を読んでいると、イエス様も部下の足を洗っているから感覚的に理解できます。
リーダーのあり方と、結婚のお話。

「聖書では「汝(なんじ)の敵を愛せ」と書かれていますが、人のいいところや、自分の味方だけ愛するのは誰にでもできます」

「結婚式で葬式と同様に白と黒の服を着るのは、ここから新たな人生が始まるから、と話してくれた牧師を思い出しました。
「旧約聖書には(人を縛る)ルールがいっぱいある。そうではなく、ルールは人を自由にするためにあるんだから、縛るために利用するんじゃないとイエス様は言ったのです。」(記事引用)

裁く神の立場にいれば、人を縛るルールを作りたくなる。赦す神の立場であれば、人を自由にするルールを創るだろう。
アメリカのプライベートカンパニーとビジネスでお付き合いがありますが、トップが気遣い抜群なのは、背景としてキリスト教の教えがあるからなのかもしれません。
特にプライベートカンパニーだと、全ての責任はトップが取ります。ですから、社員は家族のようなものだとよく話しています。
彼に言わせると、カルチャーが合わない社員に辞めてもらうのは、結局本人の為だと言っています。
お互いに理解し合えないのに社員として長時間一緒にいるのは苦痛でしかないからだと…
また、新しいチャレンジをしたいと言って会社を辞めていく社員は、気持ち良い送り出すべきだとも言っています。

断片的に聞いていると、一瞬⁇と思うことがあるのですが、この記事を読んで、スッと理解出来たような気がします。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。