新着Pick
275Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「まじめ」と「ふざけ」が交互にくると、説教的な話がはいってきやすい。
「聖☆おにいさん」を思いだします。
http://www.st023.com/

「感情的に話す人に論理的に話してもけんかは終わりません。逆に、論理的な人に感情で話しても先に進みませんね。
感情的な人には、その感情を受け止めないといけないし、論理的な人には論理で教えてあげないといけない。そういうことだと思います」
「「ゆるし」という表現は、罪自体が日本人とは感覚が違うので理解が難しいのです。許可の「許し」ではなく、「赦し」のほうです。「Allow」と勘違いしやすいですが、「Forgive」です。日本語には「Forgive」に相当する言葉がありませんので。」(記事引用)

Forgiveの語源を調べると、「ゲルマン祖語 fra-([away] 離れて)+gebana([give] 手渡す)>ghebh-(与える)が語源。「手放す [give away];咎めないこと」がこの単語のコアの意味。give(与える)と同じ語源をもつ。」とある。https://gogen-ejd.info/forgive/ 

手放す、letting goは、U理論においても、存在の源sourceにつながるための最後の関門とされる。手放すことで、新しい世界を迎え入れるletting comeことができる。日本語にはForgiveにあたる言葉がない、ということだが、仏教は執着を手放すことが悟りだと説く。手放すと、無条件の愛を迎え入れることができる、と。キリスト教も、仏教も、そして世界のあらゆる宗教が、さらには現代の心理学や経営学までもが、人間性の普遍の原理を共有している。そのこと自体が救いになる。
赦しも比べないことも、忙しない日常では意識しないとできないことですが、いろいろな考え方の人が溢れる社会で、人と円滑な関係を保ち続ける秘訣なのだと思います。
だからこそ、日常に溶け込む宗教に教えを組み込んで、日々触れることで習慣化できるようにしたのだと再認識しました。

愛は意識しなければ実践できないというのも皮肉な感じがしますが、それでも愛を実践するから救いが与えられるのかもしれません。
事象を合理的に考えてしまう日々。「恵みを比べるな」という教えは、ジンときます。

自分に与えられたことだけを幸せだと考えればいいのに、つい他人と比べてしまう。そして不満をいう。

恵みが与えられたことの重みを、自分の中でしっかりとかみしめることが大切ですね。
良い内容、見出しも良いと思います。

娘がプロテスタント系幼稚園に通ったご縁で、今もちょくちょく教会学校へ行きます。親も牧師さんのお話を聞く機会があり、功利主義的ビジネスの世界と異なる価値観に触れて視野が広がります。

また、聖書の世界は西欧のものの考え方の根幹をなしているので、教養としても面白い。という感じでクリスチャン以外にも開いてくれるところが意外とあります。
本当の意味で相手を「ゆるす(赦す、Forgive)」ことって本当に難しい。

その場では「ゆるした」としても、「なんで自分ばっかり」と被害者意識が湧いてきたり、「ゆるしてあげたんだから感謝しろよ」と見返りを求める気持ちが湧いてくるのが、普通の人間なんじゃないでしょうか。(僕もそうです・・・)

それでもなお「赦す」ことが出来るのが「器の大きい人間」なんだと思います。そこには相手への深い愛や、自分の感情をコントロールすることも必要でしょう。洋の東西を問わず、人の上に立つ人にはこうした器量が求められます。

*****
横坂 「ゆるし」という表現は、罪自体が日本人とは感覚が違うので理解が難しいのです。許可の「許し」ではなく、「赦し」のほうです。「Allow」と勘違いしやすいですが、「Forgive」です。日本語には「Forgive」に相当する言葉がありませんので。
──「許可する」の許すではなく、「罪を赦す」という意味ですね。
横坂 そうです。どういうことかというと、「罪を忘れる」という意味です。
言い換えると、自らの罪を告白(悔い改める)したら、もう罪はなかったことにする。つまり帳消しにするのです。
例えば、夫婦げんかをして、奥さんが「今回は赦してあげるわ」「この前は赦してあげたでしょ」と言ったら、それは罪を赦してはいませんね。
──なぜでしょうか?
横坂 けんかをして、「今回は赦してあげます」と言って赦しました。しばらくして、「この前、あのことを赦してあげたよね」。それは恩に着せていますから、赦してないことになります。
そうです。「お前はダメなやつだ」というのが本当の裁きです。
でも、なにかやってしまったときに「それはダメだよ」というのは裁きではなく、訓戒みたいなものです。聖書的にいうと「戒め」です。

部下へのフィードバックにも通じる点がありますね。

「お前はダメなやつだ」は主観的存在否定ですが、「あれはやってはいけないことだ。こんどはこうしよう」というのは、客観的行動要請です。

どちらが良い手かは一目瞭然。

上司は部下を裁いてはいけませんね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。