新着Pick
430Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
宗教の力量というのは、一つにはどれだけの人を受け止められるかであると思います。接客業も大変ですが、人の相手をするのは非常にしんどいことです。本当に誰でも来ていいと思われる場であれば、いろいろな人が来ます。愚痴を聞いてほしい人も、心を病んでいる人も、ただ相手をしてほしい人も、あわよくばダマしてやろうという人も来ます。今の日本だと、本当にそういう誰でも来られる宗教というのはほとんどありません。創価学会などは、昔はそういう人を受け止めることがどこよりもできていたので、急速に伸びました。
 今の日本の宗教は、実際にはごく閉鎖的な場になっていて、先祖代々のサークル、集団を維持しようとしているところが多いです。それどころか、自分たちの子供でさえ来たがらないようにもなっています。天理教でも創価学会でもそうだし、キリスト教会の多くにもいえることですが、世代間継承もできずに先細っているところは多いです。
 来てもらってから受け止めることができるか、というのが、力量が問われるところなので、外向けのメッセージを出して新しい人に来てもらうのと、その後定着してもらうのは別のことです。大多数が定着しなくてもいいのですが、1割が定着するなら、その宗教は急速に伸びているといえるでしょう。一部の人が新しい人を招き入れようというとしても古くからいる人が阻止するところもあります。結局、人なので、教会の場合は、牧師さんが人同士の関係をうまく調整できるかがカギですね。
「上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門」著者のお二人の信徒さんに、聖書の素朴な疑問を聞きました。
横坂さんは宗教倫理が専門だけに大変見識が深く、また匿名の「ふざけ」さんは、お父様が牧師というクリスチャン2世です。
お話を聞いて、聖書の教訓は、現代的に合理的に解釈できるんだなということに改めて気づきました。
日頃、せわしなく生きている中で、心を落ち着かせてくれる、とてもいい話だなあと思います。
妻がクリスチャンです。上馬キリスト教会ではないけれど、世田谷区の教会で結婚式を挙げました。
身近な人がいると理解が進むけれど、身近なtwitterでも相互理解が進む時代ですね。
「まじめ」と「ふざけ」の掛け合わせは、面白さの法則のひとつ。
教会で人生をセーブするって、上馬キリスト教会のtweetで久しぶりに思い出しました笑
海外に行くと、その地域の教会に立ち寄ります。理由は、心が落ち着くこともありますが、その土地の歴史や文化の一端が分かるためです。キリスト教に限らず宗教関連について、集中して本を読んだ時期がありました。世界情勢を理解するには宗教についての理解が不可欠です。『聖☆おにいさん』も読んでました。ゆるく知るから始めるの、大切と思います。連載、楽しみにしています。
世界一ゆるい聖書入門。早速Amazonでポチりました♪

ふざけ担当とまじめ担当で役割分担されているんですね。

保田さんと私のコーポレートファイナンス講座は、ふたりとも「ふざけ担当」です。まずいな…
https://www.academyhills.com/school/detail/av5bgp000006j6uv.html
教会のTwitterを活用したマーケティング事例が興味深い。

企業アカウント運用にも活かせるはずだからフォローしておこう→@kamiumach
https://twitter.com/kamiumach

コンテンツマーケティングに行き詰まったら、既存の偉大なコンテンツを、わかりやすく、面白く、ユーザー視点で解説する方法は検討したい。
2年前にあったブラジルのスタートアップがいろいろコンテンツビジネスを試した結果たどり着いた解が"聖書コンテンツ"でした。

ユーザーベースが膨大多な割にデジタルマーケティングをガチでやってるところがほとんどない。あっても英語中心でポル語では提供されるところは更に限られるので。

日本で般若心経とかお経コンテンツいけるのかな、無理かな。
教会や宗教は色々なコミュニティの原点だと思う。人が集う習慣があり、そこで情報交換も行われるし、助け合いも行われる。だから町の中心に教会が置かれてきた。
そして規模が拡大する中で権威がついたり、その権威を利用されたりの歴史もある。また幅広く世の中に普及する中で、強く信じて、そのなかで派閥対立・分離独立が起こってきたり、一種とても人間くさい営みの歴史そのものだと思う。
自分は無宗教だが、学校は高校まではキリスト教系で、礼拝もあれば教会に行ったりもしていた。記事にあるように来ている方は普通の型だったし、ほかの家族の面倒もみるようなコミュニティの原点もあったように記憶している。悩んでいるときになんとなく頼ったり許される存在としての宗教、ほかの人を害さない宗教の考え方はとても好き。
そして、時代に応じてその発信の仕方も変わるのは良いことだと思う。免許についてはよくわからなかった(笑)が、イエスの生涯についてのまとめは今の言葉に置き換えればまさにそんな感じ。
バカと書かれた手紙の話はとてもウィットに富んでいます。キリスト教の教えをフィルターにし、今風に解説しているところに惹かれますね。
変化が激しくて自分を見失いそうになる時代だからこそ、頑張らなくていい場所をもっていると、心の平穏を保てるようになりますね。
この国は宗教に対して鈍感ですが、この国の感覚が世界でも独特なので、宗教を理解することはますます重要です。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角文字なので半分の140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.04 兆円

業績