新着Pick
1017Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはわかりません。エビデンスをもとにフェアな言い方をすれば、正しいかもしれないし、間違っているかもしれません。データは全て取ればいいというわけでもありません。Apple Watchでとられた脈拍や心電図の異常から不要な医療機関の受診を招くかもしれません。結果として病院での不要な検査に繋がるかもしれません。それは結果として医療費の増大を招くかもしれません。

長らくPSAという血液検査を定期的に行って、前立腺癌を早期発見した方がよいと信じられてきました。しかし、実際にその有効性を検討してみると、前立腺癌による死亡を減らせないこと、不要に前立腺に針を刺す検査を増やしていたことがわかりました。

健康の記述が、生活習慣病という一部の病気に特化されていますが、健康とはもっと広い意味を持つものです。体重や栄養を気にしすぎるあまり、人付き合いが悪くなってしまうかもしれません。気を病むかもしれません。屁理屈のように聞こえるかもしれませんが、健康を考えるとき、木を見て森を見ないと、結果的に健康を損ねるということは実際によくあることです。

Apple Watchにより医療機器と実用品の壁が取り払われる時、必ずしもよいことばかりではなく、「副作用」をもたらしうるということは知っておいてもよいと思います。記事とのバランスを取るためにマイナスなことばかり記述しましたが、その可能性や期待もまた大きく持っていることを最後に付け加えておきたいと思います。
Apple Watch を 身に着けることが Best Practice かはさておき(笑)、日本の医療制度に対して物言いをしたいことはわかります。

国民皆保険であり、医療機関は罹患してから行くべきところ。この概念があまりに根付いているから、予防に対する意識が薄い。外資系企業で医療ITをずっと担当してきて、本社があるUSを筆頭に海外のソリューションが最も当てはまらず乖離があるのが、この予防医療に対する日本人の意識の希薄さです。

それでも Fitbit や Apple Watch 、自治体や保険会社の PHR 施策、特定保健指導などにより、近年は予防の意識が出てきましたよね。その点では、Apple Watch のようなデバイスは貢献しているかも。
例えば医療費が高すぎるアメリカでは、どうにか病院に行く回数を減らそうと、予防医療は世間になじんでいます。が、日本はほんの少しの風邪でも(または年をとると体調が悪くなくても)病院に行くので薬や医者の言葉に頼りすぎな印象があります。

これは極端な2例ですが、日頃から自分の身体と向き合っておくこと、さらには病院なしでも健康でいられるようメンタル&免疫を鍛えておくべきですよね。

(ちなみにApple Watchは使うたび時間を気にするようなジェスチャーになり、相手への印象が良くないため個人的には使いませんが、健康ツールとしてはとても良いと思います)
趣旨に同意です。

なおGALAXY WATCHならば
・スマホを選ばない(Apple WatchはiPhoneのみ)
・バッテリーが強力(睡眠計測をして1日22時間つけてても、バッテリー何も心配なし)
・常に液晶Onがデフォルトなので、「クルっ」てやらなくても時間をみられる

など、メリットが非常に多いです。ご検討を。
自己管理の考え方はもう少し普及しても良いかと思います。

Apple watchの導入で自己管理できる人がどれくらいいるのかはわかりませんが、自己管理出来るツールとはなり得るのではないでしょうか。

しかし、何をどれくらいやれば良いのかなど、正しい知識の普及も不十分でしょうし、Apple watchで正しく自己管理出来るかどうかはわかりません。

直近のやり方としては、Apple watchを用いた指導が行われる方法というのが現実的でしょうか。
病院ではないところでの医療が進んでいくのを感じますね。
医者は病気の専門家であって、健康の専門家ではない。
僕はパーソナルトレーナーで、健康の専門家だ。
予防は完全に我々の領域である。
これからは、医者とトレーナーが並列に組んで行く必要があるのだ。

真のメディカルフィットネスが、健康革命を起こすと僕は信じている。

https://toyokeizai.net/articles/-/255759
今では

「どの程度の睡眠で、日中の眠気をなくせるか」

「1日あたりの摂取カロリーをどの程度にすれば太らないか」

「トレーニングはどの程度の頻度で行えばよいか」

「体脂肪率は、食事でどの程度変化するか」

といった法則が、ある程度データから読み取れるようになったので、体調の管理は信じられないくらい楽になった。
Apple Watchを配布したことで、運動頻度が増えたという話をよく聞きますし、私も歩数を増やしたくなりました。
マイナス点は特にないので、初期投資分さえ苦でなければ付けてみても良いのではないでしょうか。

Appleには例えば毎月500円の支払いでスマホのように購入できるようにしてくれることを期待しています。
いやです⑤

(以下、変更して再掲)
Apple Watch等のウエラブルからの日々の運動データに連動した保険が出るようです。つまり保険契約通りに運動をすれば、次回の保険料が安くなったりギフトカードがもらえたりします。反対に運動しなければ保険料が上がります。

保険料を下げる手段として極めて合理的ですが、自分の日々の生理学的情報や位置情報がもっていかれてしまう事に「不気味だ。デストピアだ。」という批判がありますが、このコメント欄をみると、きっと需要があるんだろうなあ…と思いました。
(以下はBBC)
https://newspicks.com/news/3329879
今回はあまり私の出る幕ではありませんが。

レコーディングダイエットみたいなものですね。手軽さが健康管理を始めるキッカケになり、見える化と達成感が継続力を固める、と。

別にみんながつけた方がよいかは、そもそも幸せの定義から考えるべきことでしょうね、きっと。