新着Pick
1160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正直に言おう。この観測結果を初めて聞いた時、複雑な思いがよぎった。自分も同じ現役のブラックホール宇宙物理学の研究者であり、なぜこのプロジェクトに一人の研究者として関われなかったのかという思いだ。

しかし、同時にそんなちっぽけな感情など吹き飛ぶほどのインパクトがあった。加えて、本間さんや秋山くん、今はやめてしまったけどボストン近郊にあるハーバード・スミソニアン天文台で働いていた塩川くんをはじめEHTチームが長い年月かけて彼らのエネルギーを注いで取り組んできたのを傍目で見て知っていたからだ。

むしろ、我々外部の専門家にとっては、彼らの出した結果に基づいてこの先大きく科学を前進させるチャンスなのでしょう。個人的には今執筆中の論文に関連して、早速研究のアイディアが浮かんでいる。

とは言え自分の研究に没頭する前に、まずはこの成果の科学的インパクトの大きさや関わってきた研究者の声を届けたいと思い筆を握った次第である。

コメント欄を読む限り良い反響をいただいてる様子で筆者冥利に尽きる。

この記事を執筆するにあたりサポートしてくださったニューズピックスの古屋さん、筆者と締め切りギリギリまで並走してくださった編集者の森川さん、この記事をピックしてくれた皆さん、さらにコメントをしてくださった皆さんに感謝したい。どうもありがとうございました。
何がすごいってさ、アインシュタインは観測も実験も一切せずに、頭の中だけで「宇宙はかくあるべき」というところから出発して一般相対論を導いて、それが100年経っていまだに綻びひとつ見つかっていないことだよな。

そもそもさ、物理法則が数式で記述できるって、よくよく考えると不思議すぎる。だってその必然性は全くないし(たとえば10000行くらいのif-thenやgotoだらけのコードでもいいわけだ)、そもそも数学って自然科学とは独立してできたものだし。

もう、唯一可能な説明は、「神様は数学者である」ってことしかないよな。(神様がプログラマーじゃなくてよかった笑)

以下、アインシュタインのことばです:
"The most incomprehensible thing about the world is that it is comprehensible."
「この世界で最も理解に苦しむことは、それが理解可能なことである。」
いままでもブラックホール周辺の高速ガスから発生するX線の観測によって事実上ブラックホールの視認に成功していたのに、何故今回の発見が歴史的なのか実はよくわからなかったのですが、これではっきりわかりました。
今回の観測が、事象の地平線を目に見える形で明らかにしたからなのですね!

数学的にはシュバルツシルト解でその半径を推定することはできても、外部との因果関係を一切持たない存在を数学的には規定することは困難なわけで、だからこそ数式やシュミレーションではなく、「直接観測する必要があった」ということでしょうか。

私のような無学な人間にもこれだけ理解させてくれる解説はさすが早崎先生。
解説を読み終えて、かつての天体少年の興奮が蘇ってきました。
激ディープな解説を寄稿いただきました!

昨晩、世界中を騒がせたブラックホール撮影のニュース。プロピッカーの早崎さんが専門家の今回の成果の意義に加えて、さらに関わった日本人研究者たちのコメントまで執筆いただいております。
私がNPを始めてから一番時間掛けて読んだ記事です。
途中途中で、PCで専門用語をググりながら読みましたが、それでも半分も理解出来ていません。
それでも、アインシュタインの一般相対性理論が100年以上も経て実証されるという気が遠くなるようなプロジェクトに日本人の専門家も参加していることがとても誇らしいと思いました。

M87…地球から5500万光年離れた銀河系とは別の銀河にある

えっと、本当に子供じみた感想ですが、つまり昨日は5500万光年かけて地球に届いたブラックホールシャドウを観たんですよね?では、M87の今はどうなっているかは、多分人類は知ることはないのですよね…太陽も地球も人類もいつかは滅びるわけですから。

宇宙のスケールの大きさの前で、人類の儚さを感じました。
そう考えたら、なんか涙が出てきました。
待ってました!今日はこれを1番の楽しみにしていました。すごいスピードで驚きです。早崎先生に感謝致します。

ブラックホールの影などというものが実測ベースで可視化できたのも凄いですが、ETHがブラックホール質量を決めるツールであると明らかになった点に一番ワクワクしました。形やサイズから推定できるということでしょうか、形態というのは「見た目で分かりやすい」以上に多くの情報を含んでいるのだなとしみじみ思います。

月面に置いたゴルフボールを見分けられる解像度というのは、実は、電子顕微鏡も同じくらいの視力に例えることができます。電顕は小さなものを観察して物質の成り立ちを明らかにしますが、同じ視力で遠くを見たら、やはり物質の根本に迫るものが見えた、というのは電顕を扱う僕にとっては実にロマンのある一致であり、今日は何やらとても嬉しい気持ちです。

話がどんどん逸れますが、昔「光のノスタルジア」というドキュメンタリー映画を見ました。チリのアタカマ砂漠、まさにこのALMA望遠鏡のあるところが舞台です。
チリ軍事政権による命の剥奪と、最先端の科学で生命の起源を求めて宇宙を探る試みが同じ空の下で行われていることを対比して描き、科学の存在意義を静かに問う映画です。
いまこのタイミングでもう一度見たら印象が変わるかもしれませんね。
★同映画に関連する、国立天文台チリ観測所の平松正顕さんによるトークイベント・レポート
http://www.webdice.jp/dice/detail/4907/
こういうのを読みたくてnewspicks やっています。
ヒッグス粒子や重力波といい、物理学や天文学はここ最近すばらしい発見ばかりです。基礎研究だからこそ味わえる、ぜいたくな感動ですね。
なんで涙が出てくるんだろう、すごい。

<追記>
国立天文台が発表したQ&Aもとても面白かったです。
https://www.nao.ac.jp/news/sp/20190410-eht/faq.pdf
ブラックホールについては学部時代の相対論が最後の接触だけど、それでもわかるように早崎さんが解説してくれてありがたい。すごいのは事象の地平線ぎりぎりの光子を精度高く観測することで、ブラックホールの径が分かり質量も精密に求められたということか。地球の各地で観測したデータを統合し解析した巨大物理プロジェクトの極みといえる