新着Pick

「ハリウッド型組織」でコンテンツ新時代をプロデュースする

株式会社ニューズピックス
600Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界規模のコンテンツ獲得競争、5Gの浸透、学びコンテンツの需要増などにより、これから「コンテンツ(特に映像)黄金時代」が来ると確信しています。新しいチャレンジをしたい方は、ぜひNewsPicks Studiosにご応募ください!
NewsPicks Studiosでは新しいコンテンツを仕掛ける仲間をあらゆる領域で求めています。やりたいことはたくさんあるけど、まだまだリソースが追いついていない状況です。NewsPicksに愛があって時代をつくる野心をもった挑戦者の皆さんのご応募をお待ちしています!
ハリウッド型「プロダクション・カンパニー」でコンテンツ新時代を切り拓こうとしているNewsPicks Studios。めちゃくちゃ面白いことをやろうとしています(私に動画経験があれば参画したいくらい笑)。ちょっと長めですが、千載一遇のチャンスがあると感じてもらえると思うので、テレビ業界や制作会社の経験がある人や、ファイナンスに強い方はぜひ読んでもらいたいです。

(写真は、アウトレイジをイメージしました)
佐々木さん、きっと「THE TEAM」の「チームの法則」を使ってくれている😊

『個人戦の記事と違って、映像はチームプレイが必要であること。目まぐるしく変化する状況に適応できる「サッカー型チーム」にならないといけません。』
動画事業はまだまだPDCAが必要なフェーズではありますが、その分刺激満載の仕事があると思っています。
ぜひ世の中を動かす経済コンテンツを作りたいプロデューサーの方、ご応募お待ちしています!
これからのメディアの在り方を示している。SNSによってフォロワーとのエンゲージメントの重要さが可視化されてきたけれど、メディアも規模ではなく、エンゲージメントの深さ、コンテキストの深さが重要になっていくんだと思う。

『佐々木 試行錯誤しながらそれに気づいたタイミングで、秋元康さんから「NPはマスを狙ったらダメだよ」とアドバイスをいただきましたよね。
「今の時代のマスはニッチから生まれるからNPらしいニッチコンテンツを作り、そこからスターが生まれたらいい」と言われ、まさにその通りだと思いました。』
いま、社内でも一番熱い動画チームが新メンバーを募集。私に関連するところで言えば、MOOCのプロデューサーを大募集中です。生きてる実感を味わえるポジションですよ。
毎日新聞も動画コンテンツをどうジャーナリストに組み込むか試行錯誤をしています。毎週木曜日にニュース解説のライブ配信もしています。この記事では知識もスキルもある人たちが「アンラーン」する勇気を語りあっていますが、私たちはまだ創世記以前の段階であり、ひたすら「ラーン」に懸命に取り組んでいます。小泉元首相や池上彰さんにも登場してもらい、意見もいただいています。
そこで痛切に感じることは、やはり動画コンテンツは今後のジャーナリズムの主流になるだろうということです。一方で、動画コンテンツはユーザーの時間の壮絶な争奪戦でもあるので、どのフェイズでどのぐらいの時間をユーザーからもらえるか、KPIそのものを立てるのが難しいということです。
動画コンテンツの競争しながらスキルを高める一方で、グーグルが取り組んできるような動画の自動タグ付け、動画の場面検索といった新しいテクノロジーと連携する必要を感じます。「オッケーグーグル、きょうなんか面白い動画あった?」と聞いたら、ボンと画面に出てくるような世界に早くなってほしいと願っています。
興味深い動きだと思いました。確かに経済コンテンツの動画って基本はWBSみたいなニュースがあり、あとはガイアとかカンブリアとか(全部テレ東)があって、あとはNHKのNスぺとかプロフェッショナルとかぐらいしかないので、もっとあって良いはずと思いました。

ドラマとかドキュメンタリーだからこそ心に残って学べたという側面もあるでしょうし、読書や研修以外のインプット・学習の多様性はもっとあって良いのではと思います。
木野下さんが挙げたキーワード「ニッチ、エッジ、キャッチー」がものすごくピンとくる。

そうゆうものをたくさん作りたい。
株式会社プロデュースは、新潟県長岡市に本社を置く塗布装置などの各種機械装置を開発、製造、販売する企業である。 ウィキペディア

業績