新着Pick

【ユニコーン・オア・ダイ】「思い込み」の制約を解除して大競争の入り口へ

NewsPicks Brand Design
319Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のスタートアップ業界のパラダイムは大きく変わった。1億円調達するのに苦労し、10億円調達するためにマザーズに上場するのは過去のこととなった。

サンサンやメルカリは上場までに累積100億円を超える調達をして、1000億円をこえる時価総額で上場した。

彼らは、表面的な時価総額を上げることを目的化せず、資金調達や上場というファイナンスイベントを、本質的に事業を伸ばすための手段として活用して、結果として大きな時価総額を実現した。

スタートアップ業界全体の市場が広がり、業界のステージが一つあがり大きな成長を目指せるようになったのは非常に良いことだ。一方で、スタートアップ間の競争も激しくなるだろう。

業界が大競争時になったところで、戦略やファイナンス、組織についての、基本的な考え方に大きな変化はない。しかし、それに加えて、大競争時代ならではの応用編はあると思っている。今回はその点を参加いただいた方と共有し、ユニコーン=未上場で時価総額で1000億円という形式論としての話ではなく、大きくスケールし、成長性、収益性ともに大いに誇れる日本を代表する企業になっていただくための少しでもヒントになればと考えている。

ぜひ奮ってゼミにご応募を!
https://newspicks.com/news/3962883/body/
調達環境の変化、SanSanのように時価総額1,000億円以上の上場、日本のスタートアップ市場がここ10年で大きく変わった。
この連載について
ビジネスに携わるすべての人を支援するアメリカン・エキスプレスが、読者と一緒に作り上げる、スタートアップ応援プログラム。