新着Pick

「MUFGコイン」、今年後半に実用化 デジタル通貨、三毛社長方針語る

朝日新聞デジタル
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、デジタル通貨「coin(コイン)(MUFGコイン)」を今年後半に実用化する方針を決めた。IT企業によるスマートフォン決済が広がるなか、「ブロックチェ…
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
円と等価のデジタル通貨にどんな利便性があるのだろう。既存の電子マネーでいいのでは、と思ってしまう。

ブロックチェーンを使うことで、消費者利便や、マーチャント利便が生まれるのなら、いいけれど。そこが知りたい。
付加的なサービスや特典はさておき、銀行口座と結びついてるデジタル通貨が一番使いやすく、キャッシュレス化を敬遠されている方への信頼という意味でも広がる可能性が高いので、ぜひ頑張っていただきたいと思います(そしていつか誰か統一してください)。
取引所はあるが、相手はMUFGに限定することで価格維持を図る。とはいえ価格がある以上は確定申告が必要となる。価格が安定し、信用力がある仮想通貨が流通し、また決済に使われるとするなら、いっそ中央銀行が発行してもいいという話でもある。

しかし、なぜそうならないかと言えば、仮想通貨が本来持つ、一種のアナーキーな魅力が失せてしまうからではないか。悪く言えばマネロンと紙一重ではあるが。したがって、MUFGコインといった管理型の仮想通貨が流通するかどうかは疑問なしとしないところだ。正直、銀行は中途半端な仮想通貨などに進出せず、オンライン取引の使い勝手を良くする程度で十分な感じもする。
経済効果的には、コストダウンが期待される。
事前にポイントに変える、もしくは銀行口座と直結するというのは、返ってこないことに備えての費用(=与信費用)が掛からないのが、後払いのクレジットカードとの違い。あとは新しい技術を用いて根本的にコストダウンをする。
そのなかで、加盟店のコスト、利用者のコストを下げてシェアをとることを企図するのではないかと思う。一方でカードは加盟者・店数で一人コスト・一店あたりコストを下げて利益を産むビジネスモデルなので、どれだけ規模を増やせるか、規模を増やすためにどういう連携をしていくのかが今後のポイントではないかと思う。

ただ、コストを下げるだけだったら、別にブロックチェーンではなくてもよいと思う。
そのなかで、経済効果ではないメリットのところにデジタルデータがあるのだろう。ブロックチェーンのような全員が見れるものではないと思うが、今後連携者には一定開放をしたりするのではないだろうか(コンソーシアム型)?その際にデータの整合性を保って共有するという観点でブロックチェーンが適しているという感じだろうか。
これにより、クレジットカードというお荷物に頼らず、消費者ビジネスを拡大できる可能性があるということでしょうか。

クレジットカードを使う多くの人は、手数料が発生しない一回払いを選択する。
クレジットカードには、さまざまな保険が着くので、経費はかかる。
MUFGコインを代替とすれば、システム関連費用も含めて経費削減になるのかな、と思いました。
クレジットカードの再構築と思えば、MUFGの力の入れ具合が大きくなるのも納得できます。
三菱UFJが進めているデジタル通過「coin」が今年後半に実用化される方針になったようだ。キャッシュレス決済でQRコード決済が広がる中で、それとは違い独自コインを発行するといいう流れが始まる。
銀行口座と紐付いた独自通貨は普及しそうな気がします。

QRコード決済で面倒がられているのは口座との連携だったりするので、連携の必要がなければ…。
いわゆる「ステーブルコイン」。
価値が完全に固定された電子マネーとは異なり、「暗号資産」として価値の安定化をMUFG側が担う。まあこのニュースでは新たに出たのはタイムスケジュールだけ
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.76 兆円

業績