新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新卒で官僚になり5年弱で辞めた僕のもとにも、学部1,2年生、就活生、ひいては官庁内定者までかなり多くの人が相談が来ます。

言葉を選ばず言えば、「本当の」官僚志望者にとっては待遇や労働時間はそこまで大きな阻害要因ではないというか、国や社会のために働くってそういうもんだよねぐらいの認識が強い印象を受けています。

では何が核心かというと、やはり転職や副業・兼業がかなり一般化してきており、キャリア感というか、「一生かけてキャリアを築いていく」というマインドセットが広がってきたことに尽きると思います。

すごく多い質問が「官僚として働く●年間で、どういう経験やスキルが得られるのか」。その先には、国際機関(世界銀行やOECDといった)、留学・教職、政治、起業といったものが見据えられてもいます。決して辞めるベースではないものの、このご時世、世のために働きつつも自分の可能性を広げていきたいという想いが相当強いようです(これは僕が官庁訪問をしていた6年前と程度がかなり異なります。)。

したがって官庁側の打ち手としては、まさに経産省が推進しているようなに、リボルビングドア(中途退職者の再就職)や在職したままでの留学や出向(国際機関はもちろん、自治体から今はスタートアップまであります)といった機会を見せていくということになるかと思います。就活生というか学生には伝わりにくいのですが、行政官(しかも日本の)という身分は世界的にも相当に信用度が高く、なかなか得られない機会が数多くあります。が、昨今の就活マーケティングの流れの中で行政組織が外資系や総合商社並に人・金をかけて魅力をアピールできるわけもなく、かつ、公務員叩きの中ではたとえば「留学中も(職務命令に基づく派遣扱いなので)給料ほかが出る」といったことをあまり大声でも言えず。

垂れ流しになりましたが、僕は経産省でしたが、本当、誇りですし働けてよかったと心底思っています。ご関心ある方はいつでも相談ください。
ひと時代前の東大生として言えば、当時の同級生たちは、我が国の発展のためという高尚な志を胸に、薄給も厭わず、奉仕の精神で官僚になっていったように思います。彼らは本当に優秀な学生でした。この報道で、東大生の官僚離れの理由が色々挙げられていますが、約40年後の今、官僚の同級生と接していると、確かに酷く疲れていて、あの頃の理想に燃えていた姿が消えています。その大きな理由は、一言で言えば、真っ当な政策が実現しにくくなったことです。

政治主導は間違いではありません。しかし、政治家の質が落ちてしまいました。政治家でも、(多くの場合、官僚出身の)有能で知性溢れる方々がいなくなってしまい、2000年代以降は実に軽薄な政治家がトップに立つようになった。選挙制度の問題かもしれません。今の選挙制度の下では、優秀な官僚を使いこなすだけの知性や深い教養がある、そして官僚の機微がわかる政治家は、これからも出てこないでしょう。無能な政治家のために割く膨大な時間は、やる気を失わせる十分な理由になります。

政治家の劣化は、官僚の劣化を通して日本の国力を削いでいくでしょう。優秀な者は日本を飛び出してしまうかも知れない。

せめて、官僚、民間企業、政治家が回転ドアシステムでキャリアを積むような社会にしないといけないと思います。
テクノロジー、AIが出てきたことも影響してると思います。下積み8,9年が当たり前だったのが、その年月が本当に必要なのか、と。

政治家にも官僚にも優秀な人が集まらないとなると、この国ってどうなるんでしょうか。
国家百年の計である教育領域も、教員になりたい人が減っており、社会の一部を変えれば済むという話ではないですね。
1番大きな要因として、身近に話せる20代・30代のOBに楽しく働いている人が少ないからでは。自分自身も親族に公務員多い関係から大学1-2年の頃はキャリア官僚というパスが頭にあったけど、OBと会う中で楽しそうにしてる外資系戦コン・投資銀行に惹かれた
官僚という選択肢については正直よく分からないですが、

『新卒という、ある意味、社会の変化にいちばん敏感な時期の力を最初から最大限発揮していきたいし、そういう力を積極的に使っていこうという企業の中で成長したい』

これは100%共感します。
優秀な学生さんこそ新人時代に長い下積みを積まなくても早くから活躍する場がたくさんある方が、日本がもっとよくなる気がします。
興味深いのは、「在野精神」で有名な早稲田大学の国家総合職試験合格者の増加です。
年々増えていると聞いたことがあります。

バブル直前の私達の時代も、一種の「官僚離れ」がありました。

「銀行の半分以下の年収で、深夜残業や泊まり込みなんて嫌だ」
という、収入面と私生活が主な原因だったと思います。

バブルが崩壊し、銀行を始めとする金融機関が淘汰され、年収も下がり…同窓会を開くと…官僚になった連中の方が相対的に「いい思い」をしています。

先のことは誰にもわかりません。
後になって後悔しないよう、自分で納得して決めることが肝要かと。
一部の大企業においても新卒給与の横並びを止めようとしているご時勢、仮にも日本最高の頭脳集団が難しい試験を通り、初任給20万前後の世界に甘んじる経済合理性は高いとは言えないでしょう。そもそも論として「入った後に何をやるか分からない。3年に1回やることが変わる。場所も不明」という総合職的な働き方にも疑義を呈する世相になっているので、本腰を入れて採用方法を検討し、ぜひとも創意・熱意・能力に優れた人々が官僚に憧れる世の中になって欲しいと思います。
当然の結果だろうが、
日本社会ではこれは異質に思われている。
一番難しい大学を出て、一番難しい仕事をして、高給も得るはずだが、
雑巾かけ数年、場合によっては十数年、さらに課長補佐などは十数年やり、やっと課長か局長になる。
民間企業の場合、もはや役員になっている。
22歳創業して、永守さんのように数千人の企業をすべての人が作るわけではないか、それなりに二十年を経て大きくなっている。
官僚となると50代の後半から退官後のことをかすかに考え、まったくわからない企業へ天下りして、しかも収入は増加したが、世間から集めた尊敬などは失う。気持ちの整理もたいへん。
やはり民間がいい。
人生70年ずっと仕事を考える場合、民間は官僚よりずっとやる価値がある。
東大のある先生に聞くと、
その先生のゼミの人気就職先は
コンサルだと言う。

確かに官僚の仕事は、割に合わない
と思う。

そんな状況でも、官僚になろうという
人を尊敬する。悪い人は一握りだと思う。
当たり前ですが日本自身を動かしていかなくてはならないので、日本で一番大きな組織を動かすのは官僚です。
トヨタさんより、NTTさんより、はるかに大きいのですから一番優秀な日本人にマネージメントをお願いしたいです。
しかし、国民の評価も厳しく報われない仕事なのでしょうね。
もっと日本全体で官僚の仕事を理解すべきだと思います。
大変な仕事をしてくれている官僚の方々には感謝しています。