新着Pick
646Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カップケーキの話、よくわかる。仕事もこれと一緒。
最初に新規事業をやろうとしたら、一日中、ググる。(カップケーキのレシピ検索)
ここで、業界や市場のことは大抵わかる。課題もわかる。
次に、提案企画書を考えてざっくり作る。
そのあと、取材と称してもヒアリングと称してもいいから、業界キーマンにアポを取る。時間泥棒が嫌がられるなら提案という。
そして、提案書を見てもらいながら業界ニーズにあうかどうか意見交換させてもらう。(カップケーキを会社に持って行って、みんなに食べてもらう)
そのあと、フィードバックを経て、企画を完成させる。
あとは、実行力。(美味しいお菓子作りができる。)
アメリカ人の友人と話していると、この人ほど評価が真っ二つに別れる人はいないと思います。創造者か、破壊者か。

いきなりカップケーキにクラっときました。ちょっと楽しみな連載ですね。
ヤフー時代にマリッサと仕事をする機会に恵まれました。ロジック、分析の鬼でクールいう印象の強い彼女ですが、実はチャーミングな気遣いあふれる人でもあります。

ある時本社で1on2をするときに「いまちょっと風邪かもしれないから、隣の部屋からテレビ会議で入る。せっかく日本から来てくれたのにゴメンね」と言われ、実際に隣同士で会議をするということがありました。たしかにロジカル、でもエモーショナル。そんな両面は、Googleに就職するときから持ち合わせていたのですね!

—————
そこで寮に帰って、寝て、翌朝目が覚めたら、Googleで働きたいと思いました。だからGoogleを選んだのです。理由は、マトリックス分析で説明できるものもあれば、説明できないものもある。
ただ、Googleには、どこよりもスマートな人たちがいる気がしました。彼らが会社としてやろうとしていることに対して、自分がとても未熟な気がしました。彼らは本当に大きな野心を持っていたんです。
データに基づいて考えるだけですぐに最適解を出せてしまっては、AIなんてものが無くても世の中カンタン過ぎるんですよね。エクセル使えるだけでHappyな生活が待っている。現実はそう甘くなくて、人間ならではの直感が凄く重要だったりします。この記事のハイライトはここですかね。

>正しい答えは1つで、あとはみんな間違っていると考えるのは間違っていると思うよ

無駄に悩んでいる人の多くは、このメッセージを意識すると、ずいぶんと肩の力が抜けてリラックスできると思います。問題に対して答えは沢山あるのです。どの答えを選ぶかによって、未来が変わるだけで、直近としての回答に正解は沢山あるし、未来がどうなるべきかなんて誰にもわからないのです。「どの正解を選んだら楽しそうかな」程度の考え方でも良さそうです。
就職先を決めるときに、シンボリックシステムズを応用したと。その結果、14社の内定から、グーグルに決めた。データに基づく直感。うつくしい!。

頭の中を整理するには、一度図形化してみるといいですね。それを一晩あたためる。すると、答えが直感的にポンと出る。
GoogleからYahooのCEOに転身の直前に来日さいた際に会いしましたが、実際は「カップケーキもマトリックスで、、」というほどロジック一辺倒の人ではなく、超エネルギッシュかつ人間味あふれる人でした。

不確実な未来に挑み、不確実性をマネジメントをするのにおいて、今手元にある情報をベースにベストエフォートで合理的に分析し、その上では直観でエイヤというのはものすごく共感する。

起業にしても、ベンチャー投資にしても、一定の再現性を持って成功している人は同じようなアプローチの人が多い気がする。
考え方と決め方、関係するが必ずしも同じものではなく、むしろ相反するものだったりもする。
ロジカルに考える部分と、直感で決める部分。もしくは直感で決めているのだけど、そこにロジック・言語化がある程度ないと自分のなかで居心地の悪さを感じるような部分、共感する。

カップケーキを喜んでもらって、脳内スプレッドシートが点滅するのはすごいと思ったが(笑)。
カップケーキの部分は実験好きでトライ&エラーを重ねフィードバックを得ること自体が好きなことが伺えますね。

データをもとにフラットに情報を眺めつつ、最後は直感で選択。共感。
直感だけでも見落としがあり、データは抽出した指標に左右されすぎる。
寝かせる、というやつですね。論理の先にある直感「どこに決めていいかわからない…そこで寮に帰って、寝て、翌朝目が覚めたら、Googleで働きたいと思いました。だからGoogleを選んだのです。理由は、マトリックス分析で説明できるものもあれば、説明できないものもある。」
ファクトを集めても、最後の意思決定するのはファクトにおもねるのではなく、自分自身の意思決定。朝目覚めてからって、なんか良いですね
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。