新着Pick
1055Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
おおっ!予告編だけでも面白い!グーグルの創業期からの話を聞けるのは超貴重。グーグルは今はもう大きくなり過ぎましたが、その過程を知れるのはスタートアップの経営者にとっても参考になると思います。
【予告編 無料】Google20番目の社員で創業期の成長を牽引したマリッサ・メイヤー氏の「イノベーターズ・ライフ」を本日から8日間連載します。

LinkedIn共同創業者のリード・ホフマン氏が、著名な起業家にインタビューするポッドキャスト「Masters of Scale(マスターズ・オブ・スケール)」。企業はどのようにしてゼロから一気に成長するのか。

また、なぜGoogleからYahoo!に移ったのか、その理由も明らかに。どうぞご期待ください!
グーグルのシンプルな検索画面は彼女が開発したものだったのか。ごちゃごちゃを掃除して、綺麗にした。ウェブ版こんまりさん。それが今のグーグルを支えている。パワフルな女性ですね。
久々のマリッサさんです。
小さなチームの力の部分含め気になります。

Yahoo!での話は最終回のみ。諸事情あるでしょうがなかなかよい評判を伝えきかなかったこの時代についていつか語ってほしい。今後の活躍の道も気になるところ。
「30歳とか40歳になって、家族ができて住宅ローンを組んだりすると、転職するのはとても難しくなる。ここでなら転職しなくても、3つとか4つの分野のプロダクトマネジメントを経験できるのよ」。年齢を重ねると転職がおっくうになるのは、どの国も同じですね。
マリッサ・メイヤー、もちろんとても優秀な人物なのだろうけど、グーグルマップの勃興期を描いた名著”Never Lost Again”からはその強い権力志向も伺えた。そのあたりがヤフーの復活を妨げてしまったのかな。誰がやっても困難だったのは間違いないけど
マリッサさん、yahoo!での立て直しに関しては、ちょうど彼女が出産のタイミングで、本筋とは関係ない子育てと仕事の両立にやたら焦点が当たっていましたね。

こうしてシリーズで彼女のキャリアが読めるのは楽しみです。
期待。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.15 兆円

業績