新着Pick
316Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
就職面接は面接する方もされる方も相当の工数がかかるし、フォーマット化されたアルバイト業務であれば、特にAIとの親和性は高そう。過去の面接に関するデータ(性格診断/質疑応答/傾向値)に加えて、今後はSNSにおけるビヘイビア診断、キャッシュレス決済が進むと様々なプラットフォームでのレビュー診断なども組み合わされて、より効率的な選別手法が進みそう。一方で、どこかで「やらかす」と、詐称が出来なくなり、どこからも採用されなくなってしまう人が出てくる可能性もあるのかな、という危惧もありますが、どうなるんだろう。
人気 Picker
人間が行う面接よりAIの方が公平であることは間違いないでしょう。

面接官の好き嫌いに影響されませんから。

ただ、AI面接で落とされると、ショック大きいような…。
面接官の当たりが悪かった、という言い訳ができなくなりますから。
アルバイトなら専門スキルというよりコンピタンシーなので、体系的なインタビューが効果的でしょう。AI面接が向いています。採用スキルが低い店長に任せるより、むしろ良い結果が得られるかもしれませんね。

体系的なインタビューは米Amazonが有名です。質問も一部公開されていますし、その回答方法を教えるビジネスもあります。もっと採用面接メソッドが共有知になると良いですね。

「同僚がバカやって、スマホで自撮りしていました。あなたはどう行動しますか?」みたいな質問は必須かも。
人力では確認し切れない、SNSでの傾向などを分析できるから、不衛生不謹慎な動画をアップしちゃうバカッターみたいな行為をする可能性の高い人を雇わずに済むのも。
如何に応募者の選考期間を短くするかは非常に重要なので、この点でもAI面接は効果高いですね。特にアルバイトならなおさら選考スピード重要ですので。
本ニュースの影響か、アクセスできない→https://www.taleasse.co.jp/shainex/
吉野家のような業態でAI面接は良い!
基本辞めない、不正しないをポイントが大事で、人間が見ると主観で感じが良いとか、上っつらを取ってしまうため。

業績